ウラジロモミの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ウラジロモミ( Abies homolepis )

ウラジロモミの特徴

ウラジロモミの科名・属名

マツ科モミ属

 

ウラジロモミの和名由来

葉の裏が白みがかっているため。

 

ウラジロモミの学名由来

「Abies」=ラテン語で針葉樹の一種を意味する。
「homolepis」=同じ種類の鱗片の の意。

 

ウラジロモミの別名

ダケモミ、ニッコウモミ

 

ウラジロモミの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ウラジロモミの分布

福島県以西の本州、四国の山地

 

ウラジロモミの葉の特徴

葉の長さは1~2.5㎝位で、線形で互生する。
葉先は鈍形または円形。
表は濃緑色で、裏には二本の粉白色をした気孔帯がある。

 

ウラジロモミの花の特徴

雌雄同株で、夏に長楕円状円柱形の雄花が咲く。
雌花は紫色で細い卵形の花が咲く。

 

ウラジロモミの実、種子の特徴

10月頃に暗紫色で楕円状柱形の球果が熟す。

 

ウラジロモミの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰白色で、樹齢が高くなるにつれ細かく網目状に裂ける。
モミに似ているが、本種の方が少し橙色がかる。

 

ウラジロモミの育て方

ウラジロモミの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

ウラジロモミの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ウラジロモミの管理方法

耐寒性があり、日陰にも強い。病虫害も少ない。
強い日差しや西日には弱い。
暖地にも弱いので、温かいところで植えるときは日陰に植えると良い。
剪定に弱く、樹形が崩れやすいため、
剪定をするときは弱剪定にとどめる。
最終的には大きくなるので、ある程度の植樹スペースが必要な樹種。

 

ウラジロモミの病虫害

・黒粒がんしゅ病
罹患すると枝や幹の分岐部に灰白色~灰黒色の菌糸膜を形成する。
この菌糸膜は後に黒色となり、膜上に黒い粒状の塊(子嚢果)を形成する。
菌糸膜に一周覆われた枝や幹は、上部が赤褐色に変色して枯死する。
日当たりを良くしたり、剪定をして通気性を確保することで防除できる。
発病が確認されたら枝を切除し、切り口に登録された殺菌剤を塗布する。

 

ウラジロモミの豆知識

クリスマスツリーとしてよく使われる樹種。

枝の密度が高いので、庭に植えて目隠しとして使われる。

材は柔らかく、建築材やパルプ材として用いられる。

 

コメント