クロベの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

クロベ( Thuja standishii )

クロベの特徴

クロベの科名・属名

ヒノキ科クロベ属

 

クロベの和名由来

黒檜(クロビ)の転。

 

クロベの学名由来

「thuja」=常緑で樹液を出す植物の古名。

「standishii」=樹木学者スタンディッシュの の意。

 

クロベの別名

ネズコ、クロビ、ゴロウヒバ

 

クロベの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

クロベの分布

東北~島根県、四国の山地

 

クロベの葉の特徴

葉は鱗片状で十字対生する。葉先は尖る。
葉の表は濃緑色。裏は灰白色の気孔帯がある。

 

クロベの花の特徴

雌雄同株だが、雌雄異花。
雄花も雌花も枝先に咲く。

 

クロベの実、種子の特徴

翼のある毬果(きゅうか)が付く。

 

クロベの樹皮、枝の特徴

樹皮は赤褐色で縦に裂ける。
裂け幅はヒノキより狭く、滑らかになることがある。
アスナロに似るが、アスナロより赤みが強い。

 

クロベの育て方

クロベの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

クロベの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

クロベの管理方法

成長が早いので定期的な剪定が必要。
枝葉が密になると蒸れて枯れ始めるので、透かし剪定も必要。
移植に弱い。

 

クロベの病虫害

・特になし

 

クロベの豆知識

和風の庭に使われる樹木。

材は柔らかく耐久性があるため、器具材や舟材に用いられる。

心材の色がねずみ色のため、ネズコの別名がある。

ヒノキ、サワラ、ヒバ、コウヤマキと共に木曽五木として並び称される。

 

コメント