イイギリの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

イイギリ( Idesia polycarpa )

イイギリの特徴

イイギリの科名・属名

イイギリ科イイギリ属

 

イイギリの和名由来

飯桐から。昔、イイギリの葉を使ってご飯を包んだため。

 

イイギリの学名由来

「Idesia」=植物学者E・Y・イデスの名にちなむ。
「polycarpa」=果実の多い の意。

 

イイギリの別名

ナンテンギリ、イヌギリ、トウセンダン

 

イイギリの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

イイギリの分布

本州以西の山中

 

イイギリの葉の特徴

葉は長さ10~20㎝程度で卵円形または三角状心形。
縁には粗い鋸歯があり、葉先は尾状に尖る。
葉の表は濃緑色で毛はなく、裏は粉白色で脈上に毛がある。
雌雄異株で、雄木の方が葉の裏が緑色で、雌木の方が白いっぽい。

 

イイギリの花の特徴

5月頃、枝先に円錐花序を付け、黄緑色の花が咲く。

 

イイギリの実、種子の特徴

10~11月頃に赤く熟し、球形で直径1㎝程度の果実がなる。

 

イイギリの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰白色で平滑。皮目が目立つ。

 

イイギリの育て方

イイギリの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

イイギリの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

イイギリの管理方法

成長が早いので植樹にスペースが必要。
日当たりの良い場所を好む。
雌雄異株なので、実を楽しむためには雌木を選ぶ必要がある。

 

イイギリの病虫害

・モンクロシャチホコ
幼虫は大きいもので5㎝程度の赤~黒色をした毛虫。
ほとんどの植物の葉を食べる多犯性の害虫。
8~10月に発生し、葉を食害する。
防除は幼虫の発生期に農薬を散布するか、捕殺する。

 

イイギリの豆知識

公園などスペースがある場所に植えられる樹木。

材は軽く、箱材や下駄材、薪材に用いられる。

 

コメント