コウヨウザンの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

コウヨウザン( Cunnninghamia lanceolata )

コウヨウザンの特徴

コウヨウザンの科名・属名

ヒノキ科コウヨウザン属

 

コウヨウザンの和名由来

スギ似ていて、葉の幅が広いことから。
漢字で広葉杉と書き、コウヨウザンと読む。

 

コウヨウザンの学名由来

「Cunnighamia」=イギリスの植物採集者のカニングハムにちなむ。
「lanceolata」=披針形の の意。

 

コウヨウザンの別名

オランダモミ、カントンスギ、

 

コウヨウザンの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

コウヨウザンの分布

中国南部原産

 

コウヨウザンの葉の特徴

葉の長さは3~7㎝、鎌状長披針形で互生する。
葉先は鋭く尖り、触ると痛い。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は2条の白い気孔線がある。

 

コウヨウザンの花の特徴

雌雄同株。4月頃、枝先に咲く。

 

コウヨウザンの実、種子の特徴

卵状球形の球果が付き、種子には翼がある。

 

コウヨウザンの樹皮、枝の特徴

樹皮は茶褐色~赤褐色で軸方向に裂ける。
スギによく似る。

 

コウヨウザンの育て方

コウヨウザンの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

コウヨウザンの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

コウヨウザンの管理方法

砂地の半日陰に自生するため、乾燥には弱い。
古い枝葉は枯れこみやすいので、
小まめに剪定して新しい枝を更新させると良い。

 

コウヨウザンの病虫害

・褐色葉枯病
苗木や若い枝に発生し、罹病すると1~2㎜の小さい褐色の斑点が生じて、
急速に広がった後に斑点が繋がり、葉枯れ症状を起こす。
病状が進行すると枝枯症状にも発展する。
病原菌は多湿状況で分生子を飛ばして広がるほか、
昆虫などに付着して伝染する。
罹病葉や枯枝、枯葉は速やかに処分して
伝搬を防ぐようにする。

 

コウヨウザンの豆知識

庭園や公園に使われる樹木。

中国で杉と呼ばれるのはコウヨウザン。

材は建築や家具、器具などに用いられる。
また、シロアリに強いことでも知られている。

江戸時代末期に中国から渡来したと言われている。

新生代第3期に栄え、日本でも化石が見つかっている。

 

コメント