イヌガヤの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

イヌガヤ( Cephalotaxus harringtonia )

イヌガヤの特徴

イヌガヤの科名・属名

イヌガヤ科イヌガヤ属

 

イヌガヤの和名由来

果実がカヤに似ていることから

 

イヌガヤの学名由来

「Cepharotaxus」=登場に花が集まったイチイ属(Taxus)の意。

 

イヌガヤの別名

アブラガヤ、ヘボガヤ

 

イヌガヤの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄異株

 

イヌガヤの分布

本州の暖地、四国、九州の山地

 

イヌガヤの葉の特徴

葉の長さは2~5㎝の広線形で先は尖るが柔らかい。
表は深緑色で光沢があり、裏は淡緑色で
主脈の両側に2条の気孔線がある。

 

イヌガヤの花の特徴

春頃、葉腋に咲く。
雌雄異株で、雄木は黄色で球状に集まった花を付ける。
雌花は緑色で枝の先端に2~3個咲く。

 

イヌガヤの実、種子の特徴

種子は2~3㎝の倒卵形で赤紫色に熟す。
中に堅い核状の種子が一個入っている。

 

イヌガヤの樹皮、枝の特徴

樹皮は暗褐色で、縦に浅く裂ける。

 

イヌガヤの育て方

イヌガヤの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

イヌガヤの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

イヌガヤの管理方法

病虫害に強い強健な樹種で、剪定にも強い。
成長も遅いため育てやすい。
日陰を好み、株立ち状になりやすい性質を持つ。

 

イヌガヤの病虫害

・イヌガヤワタカイガラムシ
雌成虫の大きさは4~5㎜程度。
全体黄褐色で暗褐色の斑点がある。
幼虫は5~6月に成熟し、卵のうを形成する。
孵化幼虫は6月頃に発生し、葉を加害する。
剪定して風通しを良くすると発生の防除になる。
被害が酷い場合は登録農薬を散布する。

 

イヌガヤの豆知識

和風の庭や公園などに用いられる樹種。

材は淡黄褐色。緻密で堅いため細工物や碁盤、枕木に使われる。

胚乳からは油を採り、灯油として用いられたが臭いが酷い。

 

コメント