ドイツトウヒの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ドイツトウヒ(Picea abies )

ドイツトウヒの特徴

ドイツトウヒの科名・属名

マツ科トウヒ属

 

ドイツトウヒの和名由来

ドイツのトウヒの意。

 

ドイツトウヒの学名由来

「Picea」=マツの種類を指す「pix」に基づくラテン名だが、由来は不明。
「abies」=モミ属の意。

 

ドイツトウヒの別名

ヨーロッパトウヒ、オウシュウトウヒ

 

ドイツトウヒの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ドイツトウヒの分布

ヨーロッパ北部〜中部原産

 

ドイツトウヒの葉の特徴

葉の長さは1~2㎝位、線形でやや湾曲している。葉は互生する。
葉の色は濃緑色。断面は四角形で、4つの面全てに気孔線がある。

 

ドイツトウヒの花の特徴

雌雄同株で、雄花、雌花共に前年枝の枝先に咲く。

 

ドイツトウヒの実、種子の特徴

10月頃に、枝から垂れ下がった円柱形の球果が熟す。

 

ドイツトウヒの樹皮、枝の特徴

樹皮は暗褐色で、樹齢が高くなるにつれ鱗片状に不規則に剥がれる。

 

ドイツトウヒの育て方

ドイツトウヒの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

ドイツトウヒの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ドイツトウヒの管理方法

自然樹形がまとまる樹木。
病虫害や大気汚染、冠雪に強い。
大きくしたくない場合は芯を止めて
弱い透かし剪定をして管理すると良い。

 

ドイツトウヒの病虫害

・ツガカレハ
成虫の開張は5~8㎝で、体や翅は灰褐色。
老熟幼虫は7~8㎝の全体黄褐色で、黒い剛毛を有する。
年一回発生で寒冷地では2年に一回発生する。
幼虫の状態で越冬する。
5月頃から食害を始め、6月が被害のピークになる。
7~8月に成虫になり、新葉に産卵する。
孵化した幼虫は新葉を食害し、
11月には地中に降りてきて越冬する。
防除は幼虫の発生期に登録された農薬を散布する。

 

ドイツトウヒの豆知識

洋風の庭に植栽される樹種。

クリスマスツリーに使われる。

材は楽器材や家具に使われる。

 

コメント