ネコヤナギの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ネコヤナギ( Salix gracilistyla )

ネコヤナギの特徴

ネコヤナギの科名・属名

ヤナギ科ヤナギ属

 

ネコヤナギの和名由

花穂がネコの尾に似ているため。

 

ネコヤナギの学名由来

「Salix」=ケルト語で「sal 近い」+「lis 水」の意。水辺に生息するため。
「gracilistyla」=花柱の長い の意。

 

ネコヤナギの別名

カワヤナギ、エノコロヤナギ

 

ネコヤナギの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

ネコヤナギの分布

日本各地の渓流沿いや河川の水辺

 

ネコヤナギの葉の特徴

葉はの長さは7~13㎝で長楕円形。
葉先は鋭く尖り、縁には細かい鋸歯がある。
表は濃緑色で毛が生えているが、後に無毛になる。
裏は粉白色で絹毛が生えている。

 

ネコヤナギの花の特徴

3月頃、葉より先に白色の毛が密生した尾状花序を付ける。

 

ネコヤナギの実、種子の特徴

5月頃、絹毛を密生させた灰色の実が付く。
熟すと二つに裂けて種子が飛び出る。

 

ネコヤナギの樹皮、枝の特徴

樹皮は暗灰色で縦に浅く裂ける。

 

ネコヤナギの育て方

ネコヤナギの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ネコヤナギの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ネコヤナギの管理方法

成長は早いが自然樹形がきれいなので
透かし剪定を定期的に行うようにする。
陽樹なので、日当たりの良い場所を好む。
浅根性のため、強風に弱い。除草剤なども注意が必要。

 

ネコヤナギの病虫害

・炭疽病
葉や幼茎枝に発生する病害。
葉が罹病すると不規則な黒斑が生じ、葉枯れすることがある。
枝が感染すると黒色~黒褐色になり、
病斑が枝を一周すると罹病部より先が枯死する。
発病確認したら、罹病部を切り取り処分する。
また、登録農薬を散布する。

 

ネコヤナギの豆知識

庭木の低木として植栽される。
生け花の材料としても用いられる。

江戸時代まではカワヤナギと呼ばれていたが、
明治以降にネコヤナギと呼ばれるようになった。

 

コメント