ケヤマハンノキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ケヤマハンノキ( Alnus hirsuta )

ケヤマハンノキの特徴

ケヤマハンノキの科名・属名

カバノキ科ハンノキ属

 

ケヤマハンノキの和名由来

山地に生息する毛が多いハンノキの意。

 

ケヤマハンノキの学名由来

「Alnus」=カバノキのラテン古名。
「hirsuta」=粗毛のある、多毛の の意。

 

ケヤマハンノキの別名

特になし

 

ケヤマハンノキの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ケヤマハンノキの分布

日本各地の山地に分布

 

ケヤマハンノキの葉の特徴

葉は6~14㎝で広楕円形、または広円形。互生する。
葉の縁は不整の欠刻状の鋸歯があり、葉先は尖る。
葉の表は濃緑色で、短毛が散生する。
葉の裏は淡緑色で毛があり、特に脈上に密生する。

 

ケヤマハンノキの花の特徴

4月に開花する。雌雄異花。
雄花は穂状で、枝先に垂れ下がる。
雌花は紅紫色をした楕円形で、枝に直立する。

 

ケヤマハンノキの実、種子の特徴

果実は松かさ状になり、褐色に熟す。
翌春になるまで枝先に残る。

 

ケヤマハンノキの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で平滑で皮目が目立つ。

 

 

ケヤマハンノキの育て方

ケヤマハンノキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

ケヤマハンノキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ケヤマハンノキの管理方法

湿地にも強い樹種。
痩せ地でも育つパイオニアプランツ。
自然樹形がきれいなので、透かし剪定をすると良い。
剪定は冬の休眠時期か、花後直ぐに行う。

 

ケヤマハンノキの病虫害

・褐斑病
苗木によく発生する病気。
6~7月頃に主幹側の葉に1~2㎜程度の斑点が生じ、
だんだん枝先の葉に病気が広がっていく。
病斑は次第に肥大化、融合して不整形の病斑になる。
罹病した葉は縁が巻き込み、早期落葉する。
病原菌は落葉で越冬し、翌春に胞子を飛ばして再び感染する。
病葉は発見し次第除去し、落葉後は落ち葉を焼却処分する。

・うどんこ病
新葉に発生し、葉の両面に白い粉状の菌が付き、
葉が縮れたり波打ったりする。
罹病すると成長が抑制される。
葉の裏に発生する場合もある。
発生が確認されたら病葉は焼却処分する。
また、発見したら早期に散布用の殺菌剤を
1~2週間おきに散布する。

 

 

ケヤマハンノキの豆知識

雑木の庭に使われる樹木。
痩せ地で育つため、山林の再生に使われる。

球果はタンニンが強く、染料に使われる。
万葉集でも衣服を染める詩歌が詠まれている。

ヤマハンノキはケヤマハンノキの変種であり、
枝や葉に毛がないことで区別できる。

 

コメント