イヌビワの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

イヌビワ( Ficus erecta )

イヌビワの特徴

イヌビワの科名・属名

クワ科イチジク属

 

イヌビワの和名由来

実がビワに似ているが、食用にはしないため。
植物の和名で「イヌ」が付くものは、
「劣る」という意味で付けられることが多い。

 

イヌビワの学名由来

「Ficus」=イチジクのラテン古名。
「erecta」=直立する の意。

 

イヌビワの別名

コイチジク、ヤマビワ

 

イヌビワの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

イヌビワの分布

関東以南の海岸近くや池畔の林内に多く分布

 

イヌビワの葉の特徴

葉身は8~20㎝で卵状楕円形。葉は互生する。
縁は全縁で、葉先は鋭く尖る。
基部は浅い心形。
葉の表は濃緑色で光沢がある。裏は淡緑色。
葉をちぎると乳白色の液が出てくる。

 

イヌビワの花の特徴

雌雄異株で、雌木は4~5月頃、新枝の葉腋に
球形で白斑のある花嚢を付ける。
花嚢の中に淡紅色の子花を多数つける。
イヌビワコバチと共生し、受粉している。

 

イヌビワの実、種子の特徴

秋頃に黒色に熟す。実は食べられる。

 

イヌビワの樹皮、枝の特徴

樹脂は灰白色で平滑だが、枝痕が膨らみボコボコした幹になる。
樹齢が経つと縦にひび割れる。

 

イヌビワの育て方

イヌビワの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

イヌビワの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

イヌビワの管理方法

日向を好むが日陰でも耐える。
海岸近くに生息するため、耐潮性もある樹種。
剪定は自然樹形を崩さないように透かし剪定をすると良い。
イヌビワコバチが生息しない場所だと結実しない。

 

イヌビワの病虫害

・葉枯病
葉脈に区切られた2~3㎜の褐色~赤褐色の角斑を生ずる。
次第に拡大し、複数の病斑が融合して大きくなり、灰褐色になる。
表面には濃緑色のカビが見られる。
発病した葉は早期落葉する。
病葉と落葉は見つけ次第、速やかに処分する。
発病したら、登録農薬を7~14日おきに散布する。

 

イヌビワの豆知識

海岸近くの山地に自生する樹木。
あまり庭木には使われない。

果実は野生動物の食糧となる。
人間も食べられる。

葉は家畜の飼料となる。

 

コメント