オオヤマレンゲの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

オオヤマレンゲ( Magnolia sieboldii )

オオヤマレンゲの特徴

オオヤマレンゲの科名・属名

モクレン科モクレン属

 

オオヤマレンゲの和名由来

大和(奈良県)の大峰山に自生し、
花の形がレンゲに似ているため。

 

オオヤマレンゲの学名由来

「Magnolia」=植物学者のP・マグノルから。
「sieboldii」=シーボルトの の意。

 

オオヤマレンゲの別名

ミヤマレンゲ

 

オオヤマレンゲの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

オオヤマレンゲの分布

関東以南の山地

 

オオヤマレンゲの葉の特徴

葉身は6~18㎝で倒卵形。葉は互生する。
葉の縁は全縁で、葉先は尖る。
葉の表は緑色で光沢があり、ほぼ無毛。
裏は淡緑色で葉脈上に毛が生える。

 

オオヤマレンゲの花の特徴

5~7月頃に、芳香のある白い花を付ける。

 

オオヤマレンゲの実、種子の特徴

9~10月頃に赤い集合果が熟す。

 

オオヤマレンゲの樹皮、枝の特徴

樹脂は灰白~灰白色で平滑。

 

オオヤマレンゲの育て方

オオヤマレンゲの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

オオヤマレンゲの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

オオヤマレンゲの管理方法

暑さと乾燥を嫌う樹種。
自然の樹形がきれいなので、透かし剪定が良い。
花後も剪定して果実を取ったた方が樹勢には良い。

 

オオヤマレンゲの病虫害

・トサカグンバイ
成虫の体長は2.7~3.7㎜程度。全体が黒褐色で光沢がある。
年4~5回発生すし、葉の裏に卵を産み付けて越冬する。
周年アセビに生息するが、夏に他の樹木に移ることもある。
10~11月にはコブシの葉に産卵する。
防除方法は、成虫を捕殺するか、
幼虫発生期に登録農薬を散布する。

 

オオヤマレンゲの豆知識

山中に生息する樹木で、庭木にも使われる。

茶花としても利用される。

コブシやモクレンの仲間。

 

コメント