ヤブニッケイの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ヤブニッケイ( Cinnamomum japonicum )

ヤブニッケイの特徴

ヤブニッケイの科名・属名

クスノキ科クスノキ属

 

ヤブニッケイの和名由来

藪に生息するニッケイの意。

 

ヤブニッケイの学名由来

「Cinnamomum」=ギリシャ名で桂皮を指す。
「japonicum」=日本の の意。

 

ヤブニッケイの別名

クロダモ

 

ヤブニッケイの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ヤブニッケイの分布

関東、北陸以西から沖縄の山林に分布

 

ヤブニッケイの葉の特徴

葉身は6~12㎝。葉は互生する。
葉の縁は全縁で少し波うち、葉先は鈍頭になる。
葉の表は濃緑色で光沢がある。
裏は灰緑色ないし灰青緑色。

 

ヤブニッケイの花の特徴

6月頃に、新枝の葉腋に散生花序の黄緑色の花を付ける。

 

ヤブニッケイの実、種子の特徴

10~11月頃に球状の果実が黒く熟す。

 

ヤブニッケイの樹皮、枝の特徴

樹皮は暗灰色で平滑。

 

 

ヤブニッケイの育て方

ヤブニッケイの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ヤブニッケイの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ヤブニッケイの管理方法

耐潮性があり、乾燥にも強い樹種。
寒さには弱い。
剪定を嫌い、枝を切ると樹形が乱れやすい為、
透かし剪定や弱剪定をこまめにすると良い。

 

ヤブニッケイの病虫害

・もち病
枝と幹の不定芽に発生する病気。
感染すると不定芽が肥大し奇形の菌こぶを形成する。
3月頃から確認され、5~6月に急速に成長する。
菌こぶは初めは赤褐色だが、5月以降は白色となる。
菌こぶは硬いゴム質で、切ると芳香がある。
6月以降は乾固して落下する。
罹患部は見つけ次第切除、処分して防除する。

 

ヤブニッケイの豆知識

目隠しや防風のために垣根などに植栽される樹木。

クスノキの仲間で、枝葉には芳香がある。

材は器具材や家具材に使われる。

 

コメント