ニッケイの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ニッケイ( Cinnamomum okinawaense )

ニッケイの特徴

ニッケイの科名・属名

クスノキ科クスノキ属

 

ニッケイの和名由来

根に近い樹皮の厚い部分を漢名で肉桂といい、
その音読みから。

 

ニッケイの学名由来

「Cinnamomum」=ギリシャ名で桂皮を指す。
「okinawaense」=沖縄の の意。

種小名は「sieboldii」で表記される文献もある。

 

ニッケイの別名

特になし

 

ニッケイの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ニッケイの分布

九州の徳之島、沖縄に分布

 

ニッケイの葉の特徴

葉身は10~15㎝。葉は互生する。
葉の縁は全縁で、葉先は長く尖る。
葉の表は濃緑色で光沢がある。裏は灰緑色。
3本の脈が目立ち、表面は凹み、裏面は隆起する。

 

ニッケイの花の特徴

5~6月頃、葉腋に淡黄緑色の花序を付ける。

 

ニッケイの実、種子の特徴

11~12月に球形の果実が黒紫色に熟す。

 

ニッケイの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で平滑。

 

 

ニッケイの育て方

ニッケイの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ニッケイの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ニッケイの管理方法

耐潮性があり、乾燥にも強い樹種。
大きくなるので植樹の際はスペースが必要
寒さには弱く関東以南が適地とされる。
剪定を嫌い、枝を切ると樹形が乱れやすい為、
透かし剪定や弱剪定をすると良い。

 

ニッケイの病虫害

・特になし

 

ニッケイの豆知識

香辛料を採取するために本州や四国、九州で
栽培されている樹木。

日本では江戸時代から栽培されている。

一般的に流通しているシナモンは
セイロンニッケイという樹種。

樹皮や根皮を乾燥させたものを桂皮といい、
香料や薬に使われる。

細根を束ねたものは「ニッキ」とよばれ、
子どものお菓子としていた。

 

コメント