カマツカの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

カマツカ( Pourthiaea villosa )

カマツカの特徴

カマツカの科名・属名

バラ科カマツカ属

 

カマツカの和名由来

材を鎌の柄に使ったため。

 

カマツカの学名由来

「Pourthiaea」=フランスの宣教師プシーを追悼して名付けられた。
「villosa」=軟毛がある の意。

 

カマツカの別名

ウシコロシ

 

カマツカの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

カマツカの分布

日本各地の山野

 

カマツカの葉の特徴

葉は長さ5~10㎝の広倒卵形。
葉の付き方は互生ないし束生する。
葉の先はやや尾状に伸びて尖り、縁には細かい鋸歯がある。
葉の表は緑色、裏は淡緑色で葉脈上に毛がある。
秋には紅葉する。

 

カマツカの花の特徴

春、白色の5弁花を枝先に散生状に付ける。

 

カマツカの実、種子の特徴

小さな赤い球形の果実が秋に熟す。

 

カマツカの樹皮、枝の特徴

樹皮は暗灰色でしわがある。

 

 

カマツカの育て方

カマツカの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

カマツカの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

カマツカの管理方法

中木と表現される樹木で、最大でも6m位までしか育たない。
成長は早くないので管理は楽。
自然樹形がきれいなので、剪定が必要な場合は
透かし剪定をするとよい。
枝葉が蒸れると毛虫が発生しやすい。

 

カマツカの病虫害

・ルリカミキリ
成虫の体長は10~12㎜で、体は橙黄色で翅は藍紫色。
2年に一回発生で、樹幹内で幼虫越冬する。
成虫は5~6月に現れ、新芽や新葉の葉脈を加害する。
6月頃に新梢を摂食して産卵する。
幼虫は樹皮下を下方に向かって食害し、
樹皮に穴をあけて虫糞(フラス)を外に排出する。
食害にあうと枝枯れすることがある。
防除法は成虫を捕殺するか、成虫発生初期または直前に農薬を樹幹注入する。

 

カマツカの豆知識

雑木、和風の庭に合う樹木。
盆栽にも用いられる

新芽や熟した果実は食用とされる。

 

コメント