カナメモチ‘レッドロビン’の特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

( Potinia × fraseri ‘Red Robin’ )

レッドロビンの特徴

レッドロビンの科名・属名

バラ科カナメモチ属

 

レッドロビンの和名由来

カナメモチよりも葉や新芽の赤色が鮮やかな為。

 

レッドロビンの学名由来

「Photinia」=ギリシャ語で輝くの意。
「glabra」=無毛の の意。
「Benikaname」=ベニカナメの意。

 

レッドロビンの別名

特になし

 

レッドロビンの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

レッドロビンの分布

本州中部以南の暖地

 

レッドロビンの葉の特徴

葉は長さ6~15㎝の楕円形~長楕円形。
葉の付き方は互生する。
葉の先は鋭く尖り、縁には細かい鋸歯がある。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は淡緑色。
新芽は暗紅色。

 

レッドロビンの花の特徴

5~6月頃、淡紅色ないしクリーム色の花を枝先に多数つける。

 

レッドロビンの実、種子の特徴

秋から冬にかけて、楕円状球形の実が赤熟する。

 

レッドロビンの樹皮、枝の特徴

樹皮は初めは灰色で平滑だが、
後に咲き褐色になり、不規則にひび割れる。

 

 

レッドロビンの育て方

レッドロビンの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

レッドロビンの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

レッドロビンの管理方法

刈込剪定ができる樹種。
成長が早い為、定期的な剪定が必要。
肥沃な土壌を好むため、
土壌改良や追肥をすると枝葉が密になりきれいに育つ。
耐寒性は弱く積雪地域には不向き。

 

レッドロビンの病虫害

・ごま色斑点病
当年の枝や葉に発生する病気。
罹病すると病斑の中央部が紅色ないし紫褐色に変色し、
病斑周辺が紅紫色ないし紅色に変色する。
病斑は肥大化し、融合して大きくなり、
やがて早期落葉する。
病斑部に黒小点が群生し、しばしばかさぶた状になる。
枝にも黒小点を形成することがある。
本病原菌は降雨により雨滴感染するといわれている。
初病葉は見つけ次第速やかに処分する。
また、見つけ次第登録農薬を散布する。

 

レッドロビンの豆知識

生垣として利用されることが多い樹木。

ベニカナメとオオカナメモチの交雑品種で、
ニュージーランドで開発された。

ごま色斑点病の抵抗性品種として、人気を博していたが、
最近はレッドロビンの罹病も多く確認されている。

ベニカナメに比べて葉は小さく、葉の幅が狭い。
カナメモチと比べると新芽が鮮やか。
オオカナメモチは新芽が赤くならないことで区別できる。

 

コメント