シャリンバイの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

シャリンバイ( Rhatiolepis indicavar. umbellata)

シャリンバイの特徴

シャリンバイの科名・属名

バラ科シャリンバイ属

 

シャリンバイの和名由来

葉が密生して輪生し、花がウメに似ていることから。

 

シャリンバイの学名由来

「Rhaphiolepis」=「rhaphis 針」+「lepis 鱗片の」の意。
「indica」=インドの の意。
「umbellata」=散形花序の の意。

 

シャリンバイの別名

ハマモッコク

 

シャリンバイの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

シャリンバイの分布

本州中部以西の海岸沿いに分布

 

シャリンバイの葉の特徴

葉は長さ4~8㎝の長楕円形または狭倒卵形。
葉の付き方は互生または輪生する。
葉の先は鈍頭で、縁は全縁または細かい鋸歯がある。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は淡緑色。
両面とも初めは毛があるが、後に無毛となる。

 

シャリンバイの花の特徴

5月頃、白色の5弁花を枝先に多数つける。

 

シャリンバイの実、種子の特徴

秋から冬にかけて、球形の実が黒紫色に熟す。

 

シャリンバイの樹皮、枝の特徴

樹皮は初めは灰褐色で平滑だが、
後に不規則にひび割れて、茶色い模様ができる。

 

 

シャリンバイの育て方

シャリンバイの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

シャリンバイの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

シャリンバイの管理方法

耐潮性、耐乾性があり、環境耐生の強い樹種。
東北南部以南が植栽可能域だといわれている。
刈込剪定に耐え、病虫害も少ない為、管理も楽。

 

シャリンバイの病虫害

・紫斑病
罹患すると葉に1~2㎝程度の、
中心は灰褐色で、縁が濃褐色になる円形の病斑ができる。
病斑の周囲は紫褐色ないし紫紅色に変色することもある。
病斑の表面または裏側に灰緑色ないし、暗緑色の
すすかび状の塊が多量に付着する。
罹病葉は早期落葉する。
落葉した罹病葉は焼却処分するようにする。
罹病を発見した場合は登録農薬を散布する。

 

シャリンバイの豆知識

海岸沿いや海近くの公園などに低木として植栽される樹種。

樹皮や材にはタンニンを含み、
大島紬の染料の原料とされる。

1963年、オランダのベアトリクス王女が来日した際、
長崎の出島に記念としてバラとシャリンバイが植樹された。

 

コメント