ビワの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ビワ( Eriobotrya japonica )

ビワの特徴

ビワの科名・属名

バラ科ビワ属

 

ビワの和名由来

葉の形が楽器の琵琶に似ているため。

 

ビワの学名由来

「Eriobotrya」=「erion 軟毛」+「botrys ブドウ」の意。
果実が房になり、毛が生えているため。
「japonica」=日本の の意。

 

ビワの別名

ビヤ、コフクベ

 

ビワの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ビワの分布

中国原産だと言われている

 

ビワの葉の特徴

葉は長さ15~30㎝の広倒披針形は狭倒卵形。
葉の付き方は互生。
葉の先は尖り、縁は葉の中央より先に粗い鋸歯がある。
葉の表は濃緑色で毛が多いが、後に無毛になる。
葉の裏は淡緑褐色で、前面に毛が密生する。

 

ビワの花の特徴

12月頃から1月にかけて目立たない花が付く。

 

ビワの実、種子の特徴

6月頃に卵形でオレンジ色の実が付く。
実は食べられる。

 

ビワの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で縦にひび割れる。

 

 

ビワの育て方

ビワの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

ビワの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ビワの管理方法

耐潮性、耐乾性があり、環境耐生の強い樹種。
成長が早く、定期的な剪定管理が必要。

 

ビワの病虫害

・がんしゅ病
樹幹や枝に発生し、罹病部が膨らむ。
罹病部は風などの衝撃で折れやすくなっている。
見つけ次第罹病部を切除し、焼却処分する。
また、剪定痕には塗付用の殺菌剤を塗ると予防になる。
激しく罹病している樹木は伝染減となるため、伐採する。

 

ビワの豆知識

果樹として庭木にとしてよく植えられる樹木。

果実は食用になる。

葉は枇杷葉といい、サポニンやアミグダリンを含み、
煎じて鎮咳、下痢止めの薬として用いられる。

材は堅く、装飾用建材などに使われる。

日本には中国大陸から奈良時代~平安時代に渡来したと考えられている。

 

コメント