ザイフリボクの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ザイフリボク( Amelanchier asiatica )

ザイフリボクの特徴

ザイフリボクの科名・属名

バラ科ザイフリボク属

 

ザイフリボクの和名由来

花の形が采配振っているように見えるため

 

ザイフリボクの学名由来

「Amelanchier」=プロバンスの名
「asiatica」=アジアの の意。

 

ザイフリボクの別名

シデザクラ

 

ザイフリボクの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ザイフリボクの分布

岩手県以南~四国、九州に分布
中国や朝鮮半島にも自生する

 

ザイフリボクの葉の特徴

葉は長さ4~9㎝で楕円形。
葉の付き方は互生。
葉の先は尖り、縁は細かい鋸歯がある。
葉の表は緑色で無毛。
葉の裏は緑色で、脈に毛が生える。

 

ザイフリボクの花の特徴

4~5月頃に白色の五弁花が付く。

 

ザイフリボクの実、種子の特徴

9月頃に球形の実が黒紫色に熟す。

 

ザイフリボクの樹皮、枝の特徴

樹皮は暗褐色で縦に筋が入る。

 

ザイフリボクの育て方

ザイフリボクの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ザイフリボクの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ザイフリボクの管理方法

枝は暴れにくく、成長も穏やかで育てやすい樹木。
ケムシやカイガラムシが付くことがある。

 

ザイフリボクの病虫害

・セスジコナカイガラムシ
雌成虫の体長は3.5㎜~5㎜程度。
体色は紫褐色で、全体が粉状の蝋物質で覆われている。
年一回発生だと考えられており、幼虫越冬する。
卵は5~6月に孵化する。
被害が確認された場合は幼虫発生期に農薬を散布し、
剪定をして樹体全体の風通しを良くする。

 

ザイフリボクの豆知識

庭に植えられる樹木。

熟した果実は食用になる。

材は緻密で堅く、小さな器具材や細工物に用いられる。

近縁種であるアメリカザイフリボクが有名で、
別名ジューンベリーという。

 

コメント