アズキナシの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

アズキナシ( Solbus alnifolia )

アズキナシの特徴

アズキナシの科名・属名

バラ科ザイフリボク属

 

アズキナシの和名由来

実があずきに似ており、ナシと同じ石細胞(厚壁細胞)

 

アズキナシの学名由来

「Solbus」=ナナカマドのラテン古名。

 

アズキナシの別名

ハカリノメ

 

アズキナシの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

アズキナシの分布

北海道~九州の山地

 

アズキナシの葉の特徴

葉は長さ5~10㎝で倒卵形または倒卵状楕円形。
葉の付き方は互生。
葉の先は尖り、縁には重鋸歯がある。
葉の表は濃緑色で脈上に毛がある。
葉の裏は淡緑色で脈に伏毛がある。

 

アズキナシの花の特徴

5~6月頃に白色の五弁花が密生して付く。

 

アズキナシの実、種子の特徴

秋頃に楕円形の実が赤く熟す。

 

アズキナシの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰黒褐色で不規則にしわが入り、ざらつく。

 

アズキナシの育て方

アズキナシの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

アズキナシの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

アズキナシの管理方法

耐潮性が少しあり、海岸近くでも生息することがある。
自然樹形がきれいなので、透かし剪定をすると良い。

 

アズキナシの病虫害

・特になし

 

アズキナシの豆知識

雑木の庭に植えられる、近年人気の樹木。

アズキナシの樹皮はタンニンを含み、染料となる。

材は緻密で割れにくく木目も美しいため、
建築、家具、道具の柄、器具などに用いられる。

 

コメント