イスノキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

イスノキ( Distylium racemosum )

イスノキの特徴

イスノキの科名・属名

マンサク科イスノキ属

 

イスノキの和名由来

フシ(虫こぶ)ノキの転という説が有力。

 

イスノキの学名由来

「Distylium」=二つの花柱 の意。
「racemosum」=総状花の の意。

 

イスノキの別名

ヒョンノキ

 

イスノキの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

イスノキの分布

関東南部以西~四国、九州の沿岸部

 

イスノキの葉の特徴

葉身は長さ3~9㎝で倒卵形。
葉の付き方は互生。
葉の先は鈍頭で、縁は全縁。
葉の表は濃緑色で光沢があり、葉の裏は淡緑色。
虫こぶがよくできる。

 

イスノキの花の特徴

4~5月頃、2.5~4㎝程度の総花序を付ける。
葯の色は赤く、総花序の上部に両性花、
下部に雄花を付ける。

 

イスノキの実、種子の特徴

晩夏~秋にかけて楕円形の果実を付ける。
果実には2本の尾状の組織(花柱のなごり)がある。
虫こぶが形成されると、不定形になる。

 

イスノキの樹皮、枝の特徴

樹皮は暗灰色で平滑。
老木になると樹皮が剥がれる。

 

 

イスノキの育て方

イスノキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
粘質壌土

 

イスノキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

イスノキの管理方法

耐潮性があり、海岸近くでも植えられる樹種。
刈込に耐えるため、生垣材としても使える。
成長は遅いが、大径木になる。

 

イスノキの病虫害

・イスノタマフシアブラムシ
有翅虫は全体が暗赤褐色をしており、触覚は黒褐色。
12月上旬にイスノキの冬芽や枝に産卵し、
翌年の9月頃に孵化する。
幼虫は新芽に寄生して、虫こぶを形成する。
防除するには、虫こぶを見つけ次第切除、処分する。

・イスノフシアブラムシ
虫こぶ内の無翅胎生雌虫は体長約1.2㎜程度。
黄緑色で、ほぼ円形の体をしている。
有翅胎生虫は約1.7㎜と無翅胎生虫より少し大きく、
頭部と胸部は黒色を呈する。
イスノキに寄生すると、
イチジクのような虫こぶを形成する。
アラカシやウラジロガシにも寄生する。
防除するためにはカシ類との混植を避け、
虫こぶを切除、処分する。

 

イスノキの豆知識

海岸近くの防風林として使われる樹木。

イチジク状の虫こぶを笛にしたため、
ヒョンノキという別名が付いた。

虫こぶや樹皮はタンニンを多く含み、染料として使われる。

木材は比重が重く、水に沈むこともある。
主に床材などの建築材や、算盤などに使われる。

樹皮から採れた灰は有田焼の釉薬にも用いられる。

 

コメント