フウの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

フウ( Liquidambar formosana )

フウの特徴

フウの科名・属名

マンサク科フウ属

 

フウの和名由来

漢名「楓」の音読み。
モミジに「楓」を当てはめたのは誤用。

 

フウの学名由来

「Liquidambar」=「Liquidus 液体」+「ambar 琥珀」の意。
樹幹から芳香性のある樹液が流れるため。
「formosana」=台湾の の意。

 

フウの別名

タイワンフウ

 

フウの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

フウの分布

中国原産

 

フウの葉の特徴

葉身は長さ7~15㎝で卵状三角形で3裂する。
葉の付き方は互生または束生。
葉の先は鋭く尖り、縁には細かい鋸歯がある。
葉の表は濃緑色で、葉の裏は淡緑色で葉脈上にわずかに毛がある。
秋には紅葉する。

 

フウの花の特徴

4月頃、葉と同時に開花する。
雄花序は枝先に上を向いて付く。
雌花序は垂れ下がる。

 

フウの実、種子の特徴

7~9月頃にかけて球形の果実を付ける。
色は緑色で軟毛が生える。

 

フウの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰色で、浅く縦筋状に亀裂が入る。

 

フウの育て方

フウの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

フウの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

フウの管理方法

陽樹のため、日向に強く日陰に少し弱い。
寒さに弱く、関東以南に植栽される。
成長が早く、大きくなる。
定期的な透かし剪定が必要。

 

フウの病虫害

・樹脂胴枯病
枝や幹に罹患し、発病すると枝枯れ症状や胴枯れ症状を起こす。
地際部で発病して罹患部が幹を一周すると枯死する。
患部はやや陥没し、菌体が隆起して鮫肌状になる。
また、罹患部からは大量の樹液が流出する。
感染経路は未詳だが、罹患部や枯死株は見つけ次第処分する。
また、切除した剪定痕には殺菌剤を塗布する。

 

フウの豆知識

大きくなるので公園木や街路樹に使われる樹木。

樹脂を乾燥させたものを楓香脂(ふうごうし)と呼び、
皮膚疾患や止血、鎮痛に用いる。

材は堅く耐久性があり、
建築や造船、家具などに使われる。

日本には1727年に渡来した。

 

コメント