ノリウツギの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ノリウツギ( Hydrangea paniclata )

ノリウツギの特徴

ノリウツギの科名・属名

ユキノシタ科アジサイ属

 

ノリウツギの和名由来

樹皮の内皮から採れる成分で糊をつくるため。

 

ノリウツギの学名由来

「Hydrangea」=「Hydor 水」+「angeion 容器」の意。
さく果の形が水を入れる容器に似ているため。
「paniclata」=円錐花序の の意。

 

ノリウツギの別名

ノリノキ、ニベノキ

 

ノリウツギの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ノリウツギの分布

北海道~九州の山地

 

ノリウツギの葉の特徴

葉身は長さ5~14㎝で楕円形。
葉の付き方は対生。
葉の先は鋭く尖り、縁には細かい鋸歯がある。
葉の表は濃緑色で毛が散生し、特に葉脈上に多く見られる。
葉の裏は淡緑色で葉脈と脈腋に毛がある。
葉柄の基部は赤みを帯びる。

 

ノリウツギの花の特徴

7~9月頃、円錐形の花序が付く。
長さは8~30㎝で、花弁状の萼片は白色。

 

ノリウツギの実、種子の特徴

花後、小さな楕円形の果実が多数付く。

 

ノリウツギの樹皮、枝の特徴

樹皮は暗茶褐色で荒々しくひび割れる。

 

ノリウツギの育て方

ノリウツギの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ノリウツギの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ノリウツギの管理方法

寒さや暑さにも強く、病虫害も少なく、
土壌も選ばないので、とても育てやすい樹種。
成長が早く大きくなる。
水切れを起こすと弱りやすいので、
雨が降らない期間があればしっかり水をあげるようにする。

 

ノリウツギの病虫害

・特になし

 

ノリウツギの豆知識

アジサイの仲間で、高木になる樹種。

ピンクの花が咲くものなど、園芸品種もある。

和紙を作る糊の原料として用いられる。

材は細工物や爪楊枝に使われる。
アイヌでは、ノリウツギで作ったパイプを
‘サギタのパイプ’という。
サギタは東北の方言が語源だと考えられている。

 

 

コメント