デイゴの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

デイゴ( Erythrina variegata)

デイゴの特徴

デイゴの科名・属名

マメ科デイゴ属

 

デイゴの和名由来

沖縄の名「梯姑」の音読み。

 

デイゴの学名由来

「Erythrina」=赤い の意。葉なの色から。
「variegata」=斑入りの の意。

 

デイゴの別名

デイコ

 

デイゴの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

デイゴの分布

インド原産

 

デイゴの葉の特徴

葉は長さ20㎝前後の三出複葉。
小葉は三角広卵形で、大きさは5~10㎝。
頂葉は側葉に比べて少し大きい。
小葉の先は少し尖り、縁は全縁で少し波打つ。
葉の表は濃緑色~緑色で少し光沢があり、裏は緑色。
小葉の基部には蜜腺状の小托葉がある。

 

デイゴの花の特徴

4~5月頃、総状花序を付ける。
花は朱紅色で蝶形花。

 

デイゴの実、種子の特徴

果実はマメ状の実を付ける。
長さは10~30㎝程度。

 

デイゴの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰緑褐色で縦に筋状の模様が入る。
枝には小さな棘がある。

 

 

デイゴの育て方

デイゴの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

デイゴの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

デイゴの管理方法

耐潮性があり、砂地にも耐える樹木。
耐寒性は弱いため、寒い土地には植えられない。
剪定は花後に行うと良い。

 

デイゴの病虫害

・炭疽病
葉に発生する病害。
葉が罹病すると不規則な淡褐色~灰褐色の病斑が生じ、
罹病しても落葉せず、枝先で長く残る。
発病確認したら、罹病部を切り取り処分する。
また、登録農薬を散布する。

 

デイゴの豆知識

暖かい地域の庭園樹や街路樹として利用される。

もともとはインド原産の樹木で、
沖縄や台湾で栽培されている。

材は琉球漆器の木地に使われる。
琴や下駄の材にも用いられることがある。

沖縄県の県花。

 

コメント