ヤマハギの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ヤマハギ( Lespedeza bicolor)

ヤマハギの特徴

ヤマハギの科名・属名

マメ科ハギ属

 

ヤマハギの和名由来

山に自生するハギの意。

 

ヤマハギの学名由来

「Lespedeza」=元フロリダ州知事V・M・ド・セスペデスにちなんだ名前。
「dicolor」=二色の の意。

 

ヤマハギの別名

ハギ、ホナガ

 

ヤマハギの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ヤマハギの分布

北海道~九州の山地

 

ヤマハギの葉の特徴

葉は長さ10~15㎝前後の三出複葉で互生する。
小葉は広倒卵形で、大きさは4~6㎝。
頂葉は側葉に比べて少し大きい。
小葉の先は鈍頭または円頭で、縁は全縁。
葉の表は濃緑色~緑色で、裏は淡緑色。
両面ともわずかに毛がある。
秋には黄葉する。

 

ヤマハギの花の特徴

7~9月頃、葉腋や枝先に総状花序を付ける。
花は紅紫色で蝶形花。

 

ヤマハギの実、種子の特徴

小さな楕円状の豆果を付ける。
最初は緑色だが、褐色に熟す。

 

ヤマハギの樹皮、枝の特徴

樹皮は茶褐色で縦に筋が入り、
樹齢が経つと樹皮が所々剥げて荒々しくなる。

 

 

ヤマハギの育て方

ヤマハギの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

ヤマハギの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ヤマハギの管理方法

北海道でも育つ耐寒性の強い樹種。
低木だが日向を好む。
根が横に広がり、株立ち状の樹形になりやすい。
大きくなってきたら枝を株元から抜いて、
枝を更新させるように管理する。

 

ヤマハギの病虫害

・葉枯病
葉に発生する病害。
6~9月に発病し、罹病葉は淡褐色~灰褐色で不定形の病斑が生じる。
病葉は葉の縁が巻き込み、やがて早期落葉する。
病原菌の詳しい生態は不詳。
落葉は焼却処分し、登録農薬を使用して防除する。

 

ヤマハギの豆知識

山に自生する樹木で、雑木の庭や和風の庭に用いられる。
砂防用として斜面に植栽されることもある。

「ハギ」と言われる樹木は、だいたいヤマハギのことを指す。

家畜の餌としても栽培される。

万葉集では秋の花の代表として141首も読まれた植物。

種子は挽いてお粥やご飯に混ぜて食用とした。

 

コメント