メギの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

メギ( Berberis thunbergii )

メギの特徴

メギの科名・属名

メギ科メギ属

 

メギの和名由来

葉や樹皮の煎汁を洗眼料として用いたため。

 

メギの学名由来

「Berberis」=アラビア語でメギの名前。
「thunbergii」=スェーデンの植物学者ツンベリーの の意。

 

メギの別名

コトリトマラズ、ヨロイドウシ

 

メギの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

メギの分布

本州関東以西~九州の山野

 

メギの葉の特徴

葉の大きさは1~5㎝程度。
縁は全縁で、葉先は鈍頭または円頭。
葉の表は灰緑色、裏は白緑色で両面とも無毛。

 

メギの花の特徴

4月頃、枝先に緑を帯びた黄色い花をつける。

 

メギの実、種子の特徴

10~11月に赤い楕円形の実を付ける。

 

メギの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で不規則にひび割れる。
枝には棘がある。

 

メギの育て方

メギの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

メギの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

メギの管理方法

成長が遅い落葉低木。樹形は株立ち状になる。
目立った病虫害もなく、刈込剪定にも耐えるため
とても管理しやすい樹木。
棘があるので扱いには注意が必要。

 

メギの病虫害

・特になし

 

 

メギの豆知識

刈込に耐えるため、庭木によく使われる低木。
特に銅葉(赤い葉)の品種やオーレア(黄色い葉)の品種は
洋風の庭に用いられる。

枝に付く棘は葉が変化したものだと言われている。

材は黄色い為、寄せ木細工などに用いられる。

花言葉は「激しい気性」。

 

コメント