マホニア コンフューサの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

マホニア コンフューサ( Mahonia confuse)

マホニア コンフューサの特徴

マホニア コンフューサの科名・属名

メギ科ヒイラギナンテン属

 

マホニア コンフューサの和名由来

学名の転用

 

マホニア コンフューサの学名由来

「Mahonia」=アメリカの植物学者マホンにちなむ。

 

マホニア コンフューサの別名

特になし(ホソバヒイラギナンテンとは別種)

 

マホニア コンフューサの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

マホニア コンフューサの分布

東アジア原産

 

マホニア コンフューサの葉の特徴

葉は奇数羽状複葉で、葉身は20~40㎝。
小葉は5~10対、大きさは5~12㎝の狭披針形。
葉の付き方は互生。
縁には鋸歯があり、葉先は尾状に伸びて尖る。
葉の表は濃緑色で、裏は淡緑色。

 

マホニア コンフューサの花の特徴

10~12月、黄色い小花が密集した総状花序を付ける。

 

マホニア コンフューサの実、種子の特徴

果実は薄い藍色をしており、熟すと藍黒色になる。

 

マホニア コンフューサの樹皮、枝の特徴

樹皮は茶褐色で縦に筋が入る。

 

 

マホニア コンフューサの育て方

マホニア コンフューサの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

マホニア コンフューサの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

マホニア コンフューサの管理方法

半日陰~日向を好む樹種。
土質を選ばないため育てやすいが、
乾燥と寒さで葉が変色することがある。
樹形は株立ち状になるため、
株数が増えてきたら間引くようにする。
樹高を抑えたい場合は太い枝や
樹高の高い幹を抜いていく。

 

マホニア コンフューサの病虫害

・炭疽病
葉に発生する病害。
罹患すると葉に灰緑色ないし灰白色で不整形の病斑が形成される。
病斑上には黒粒上の小斑点が生じる。
病原菌は罹病葉で越冬し、翌春に胞子を飛ばして
感染を広げていく。
病葉を見つけた場合は速やかに切除、処分する。
被害が酷い場合は登録農薬を散布する。

 

マホニア コンフューサの豆知識

洋風の庭によく植えられる樹木。

ホソバヒイラギナンテンと混同されがちだが、別種。
日本では‘ナリヒラ’という細葉で葉量の多い品種が流通している。

 

コメント