ナンキンハゼの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ナンキンハゼ( Triadica sebifera)

ナンキンハゼの特徴

ナンキンハゼの科名・属名

トウダイグサ科ナンキンハゼ属

 

ナンキンハゼの和名由来

中国原産のハゼの意。

 

ナンキンハゼの学名由来

「Tridica」=不明
「sebifera」=脂肪のある の意。

 

ナンキンハゼの別名

トウハゼ、リュウキュウハゼ

 

ナンキンハゼの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ナンキンハゼの分布

中国原産

 

ナンキンハゼの葉の特徴

葉の大きさは4~9㎝の広卵形。
葉の付き方は互生。
縁は全縁で、葉先は鋭く尖る。
葉の表は緑色で、裏は淡緑色。
秋には鮮やかに紅葉する。

 

ナンキンハゼの花の特徴

6~7月頃に黄色い単性花が総状に付く。

 

ナンキンハゼの実、種子の特徴

果実は最初は緑色で、秋には黒熟する。
実には毒がある。
熟すと開裂して種子が出る。

 

ナンキンハゼの樹皮、枝の特徴

樹皮は茶褐色で縦に不規則に剥がれる。

 

 

ナンキンハゼの育て方

ナンキンハゼの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ナンキンハゼの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ナンキンハゼの管理方法

成長が早く、横に広がりやすい。
病虫害は少ない樹種。
自然樹形がきれいなので、透かし剪定で管理する。

 

ナンキンハゼの病虫害

・特になし

 

 

ナンキンハゼの豆知識

街路樹や公園木に使われる樹木。

種子からは油脂が採れ、石鹸などにされる。

漢方では根皮を乾燥させたものを
「烏臼(うきゅう)」と呼び、利尿に用いる。

 

コメント