エゾユズリハの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

エゾユズリハ( Daphniphyllum macropodumssp. humile)

エゾユズリハの特徴

エゾユズリハの科名・属名

ユズリハ科ユズリハ属

 

エゾユズリハの和名由来

北海道(蝦夷)のユズリハの意。

 

エゾユズリハの学名由来

「Daphniphyllum」=ゲッケイジュの葉 の意。
「macropodum」=長茎の、太い茎の の意。

 

エゾユズリハの別名

特になし

 

エゾユズリハの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

エゾユズリハの分布

北海道~山口県以北の本州(特に日本海側)

 

エゾユズリハの葉の特徴

葉の大きさは10~15㎝の倒卵状長楕円形。
葉の付き方は互生。
縁は全縁で、葉先は短く尖る。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は灰緑色。
葉柄は薄く紅色を帯びることがある。

 

エゾユズリハの花の特徴

5~6月頃に総状に小花を付ける。
花弁はなく、紫褐色の葯が目立つ。

 

エゾユズリハの実、種子の特徴

10~11月頃、楕円形で黒紫色の実が付く。

 

エゾユズリハの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で皮目が目立つ。

 

 

エゾユズリハの育て方

エゾユズリハの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

エゾユズリハの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

エゾユズリハの管理方法

成長が遅く、病虫害は少なく、耐潮性もあるため育てやすい。
自然樹形がきれいなので、透かし剪定で管理する。
また、株立状に育つため、大きくなったら根元から切り、
更新させるように育てる。
積雪地帯では冬季に上部が枯れる。

 

エゾユズリハの病虫害

・こぶ病
幹や枝に発生する細菌性の病害。
初めは淡褐色の小さないぼ状の突起が多数発生する。
罹患部は肥大し、拳状に発達する。
本州西部以西で多く見られる病害。
罹病部は見つけ次第切除、処分する。

 

 

エゾユズリハの豆知識

大きくなりにくい常緑樹として庭木に使われる樹木。

新葉と古葉の交代が同時期であることから、
世代交代の縁起木とされる。

ユズリハの亜種とされる。

 

コメント