サンショウの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

サンショウ( Zanthoxylum piperitum )

サンショウの特徴

サンショウの科名・属名

ミカン科サンショウ属

 

サンショウの和名由来

ショウ(椒)は辛い果実を指す。
山に自生する辛い果実から。

 

サンショウの学名由来

「Zanthoxylum」=黄色い木の意。木材が黄色いことから。
「piperitum」=コショウのような の意。

 

サンショウの別名

ハジカミ、サンショ

 

サンショウの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

サンショウの分布

北海道~九州の山地

 

サンショウの葉の特徴

奇数羽状複葉で葉の付き方は互生。
葉の長さは7~17㎝程度。
小葉は11~15枚付き、大きさは1~3.5㎝。
小葉の形は卵状長楕円形。
縁は細かい鈍鋸歯があり、葉先は二裂する。
葉の表は濃緑色で、裏は緑白色。
両面とも脈に毛がある。
秋には黄葉する。

 

サンショウの花の特徴

4~5月頃、花弁のない集散花序を付ける。
色は黄緑色で萼片が目立つ。

 

サンショウの実、種子の特徴

夏頃に球形の果実が褐色に熟する。
熟すと開裂し、黒い種子が出てくる。

 

サンショウの樹皮、枝の特徴

樹皮は茶褐色~灰白色で皮目が目立つ。
枝には鋭い棘が付く。

 

 

サンショウの育て方

サンショウの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

サンショウの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

サンショウの管理方法

乾湿の耐性、耐寒性も強い為、育てやすい。
陰樹のため、日陰~半日陰を好む。
自然樹形がきれいな為、透かし剪定で管理する。

 

サンショウの病虫害

・さび病
葉に感染し、黄色~橙色の病斑を形成する。
病斑は後に壊死して黒色になり、早期落葉する。
この病原菌は異種寄生性で、マツ葉さび病の原因になる。
罹病を確認したら直ちに切除し、焼却処分する。
新葉の展開期には登録農薬を散布して防除する。

 

 

サンショウの豆知識

和風の庭や雑木の庭に合う樹木。

葉や実は食用にされる。

新芽や若葉を「木の芽」と呼び、
木の芽味噌や木の芽田楽に用いられる。

花は花山椒、青い実は実山椒、
熟した果実の粉末は粉山椒として料理に使われる。

材は堅くて丈夫な為、すりこぎに用いられる。

 

 

コメント