ニガキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ニガキ( Picrasma quassioides)

ニガキの特徴

ニガキの科名・属名

ニガキ科ニガキ属

 

ニガキの和名由来

枝葉に強い苦みがあるため。

 

ニガキの学名由来

「Picrasma」=苦味に由来。
「quassioides」=Quassia属に似た の意。

 

ニガキの別名

ヤマニガキ、クスリギ

 

ニガキの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

ニガキの分布

日本各地の山野

 

ニガキの葉の特徴

奇数羽状複葉で葉の付き方は互生。
葉身の長さは15~25㎝。
小葉は9~13枚付き、大きさは4~10㎝。
小葉の形は卵状長楕円形。
縁は浅い細鋸歯があり、葉先は尾状に尖る。
葉の表は濃緑色で、裏は緑白色。

 

ニガキの花の特徴

4~5月頃、黄緑色の四弁花を円錐花序状に付ける。

 

ニガキの実、種子の特徴

9月頃に球形の果実が黒熟する。

 

ニガキの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰白色で、皮目が隆起する。

 

 

ニガキの育て方

ニガキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

ニガキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ニガキの管理方法

成長が早く、大きくなるため庭には向かない。
陽樹のため日向を好むが、日陰にも耐える。

 

ニガキの病虫害

・オオワタコナカイガラムシ
3月以降、新しい枝を集団で加害する。
雌成虫は体長4~5㎜程度で扁平楕円形をしている。
色は淡緑褐色で、全体が蝋物質で薄く覆われている。
孵化幼虫は淡黄色。
透かし剪定を行い樹木の風通しを良くすると防除に繋がる。

 

ニガキの豆知識

山野に自生し、庭木にはあまり使われない樹木。

樹皮を苦木と呼び、健胃薬に用いる。

煎汁は家畜などの殺虫剤に使われた。

材は堅く緻密で、農具や下駄などに使われる。

 

コメント