ハゼノキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ハゼノキ( Rhus succedanea)

ハゼノキの特徴

ハゼノキの科名・属名

ウルシ科ウルシ属

 

ハゼノキの和名由来

埴輪からハニシに転じ、ハゼに転じた。
紅葉の色が埴輪の赤土に似ているため。

 

ハゼノキの学名由来

「Rhus」=ギリシャ古名の「rhous」のラテン語化。
「succedanea」=模倣の の意。

 

ハゼノキの別名

ハジ、ハジノキ

 

ハゼノキの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

ハゼノキの分布

関東以西の山野

 

ハゼノキの葉の特徴

奇数羽状複葉で葉の付き方は互生。
葉身の長さは20~40㎝。
小葉は9~15枚付き、大きさは5~12㎝。
小葉の形は披針状長楕円形。
縁は全縁で、葉先は長い尾状に尖る。
葉の表は濃緑色で、裏は緑白色。
秋には鮮やかに紅葉する。

 

ハゼノキの花の特徴

初夏、クリーム色の小花を密集して付ける。

 

ハゼノキの実、種子の特徴

花後、緑色の実を付ける。
秋には褐色に熟す。

 

ハゼノキの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で、皮目が散生する。
枝は皮目が目立ち、ハート形の葉痕が観察できる。

 

 

ハゼノキの育て方

ハゼノキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ハゼノキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ハゼノキの管理方法

成長が早く、大きくなるため庭には向かない。
陽樹のため日向を好むが、日陰にも耐える。
ウルシの仲間であるため、樹液でかぶれることがある。
自然樹形がきれいなので透かし剪定で管理すると良い。

 

ハゼノキの病虫害

・斑点病
夏以降、葉に鮮紅色の斑点が生じる。
病葉は落葉せず樹上に残る。
罹病葉から二次伝搬すると考えられているため、
発病葉は切除、処分し、
落葉は速やかに収集、処分する。

 

ハゼノキの豆知識

大きくなるため庭木にはあまり使われない樹木。
紅葉がきれいな為、公園に植えられる樹木。
盆栽にも用いられる。

果実からは蝋が採取でき、和蝋燭の原料になる。
中国から技術が伝来し、九州地方で蝋産業として栄えた。

灰汁を媒染として、染料に使うことがある。

 

コメント