ヌルデの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ヌルデ( Rhus javanica)

ヌルデの特徴

ヌルデの科名・属名

ウルシ科ウルシ属

 

ヌルデの和名由来

樹液が塗り物にできるため。諸説あり。

 

ヌルデの学名由来

「Rhus」=ギリシャ古名の「rhous」のラテン語化。
「javanica」=ジャワの の意。

 

ヌルデの別名

フシノキ、カツノキ

 

ヌルデの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

ヌルデの分布

日本各地の丘陵地

 

ヌルデの葉の特徴

奇数羽状複葉で葉の付き方は互生。
葉身の長さは20~40㎝。
小葉は7~13枚付き、大きさは5~12㎝。
小葉の形は長楕円形。
縁には粗い鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表は緑色で毛が散生し、
裏は緑白色で脈上に毛がある。
葉軸には翼が発達する。
秋には鮮やかに紅葉する。

 

ヌルデの花の特徴

夏頃、枝先に円錐花序を付ける。
花色は淡い黄色。

 

ヌルデの実、種子の特徴

花後、核果を付ける。秋には橙色に熟す。

 

ヌルデの樹皮、枝の特徴

樹皮は茶褐色で、皮目が散生する。
老木になると不規則に浅くひび割れる。

 

 

ヌルデの育て方

ヌルデの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ヌルデの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ヌルデの管理方法

成長が早く、大きくなるため植樹スペースが必要な樹木。
陽樹のため日向を好むが、日陰にも耐える。
ウルシの仲間であるため、樹液でかぶれることがある。
自然樹形がきれいなので透かし剪定で管理すると良い。

 

ヌルデの病虫害

・さび病
葉に感染し、黄色~橙色の病斑を形成する。
病斑は後に壊死して黒色になり、早期落葉する。
ヌルデに感染するさび病の病原菌は同種寄生性。
(さび病には同種寄生性と異種寄生性がある。)
罹病を確認したら直ちに切除し、焼却処分する。
新葉の展開期には登録農薬を散布して防除する。

 

ヌルデの豆知識

大きくなるため庭木にはあまり使われない樹木。
紅葉がきれいな為、公園などに植えられる。

ウルシの仲間だが、かぶれることは少ない。

ヌルデシロアブラムシによる虫こぶができる。
この虫こぶ(五倍子 ふし)にはタンニンが多く含まれ、
薬用や染料の原料として用いられる。
昔はお歯黒に用いられた。

材は軽軟で箱や小細工に使われる。
かつては将軍木と呼ばれ、采配の柄に使われた。

 

コメント