ツゲの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ツゲ( Buxus microphylla var. japonica)

ツゲの特徴

ツゲの科名・属名

ツゲ科ツゲ属

 

ツゲの和名由来槵

葉が次々と付くことから。諸説あり。

 

ツゲの学名由来

「Buxus」=「puxas 箱」の意。ツゲの材で箱を作ったことから。
「microphylla」=小さい葉の の意。

 

ツゲの別名

アサマツゲ

 

ツゲの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ツゲの分布

本州の山形県以南~九州

 

ツゲの葉の特徴

葉の付き方は対生。
葉身は1~3㎝程度で倒卵形。
縁は全縁で、葉先は凹む。
葉の表は緑色、裏は淡緑色で両面とも脈上に毛がある。

 

ツゲの花の特徴

春、淡黄色の小花が葉腋に群生する。

 

ツゲの実、種子の特徴

果実は楕円形のさく果が9~10月に熟す。

 

ツゲの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰色~灰白色。

 

 

ツゲの育て方

ツゲの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ツゲの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ツゲの管理方法

半日陰を好む樹種。
枝は密に出るため、刈込剪定ができる。
土壌は選ばない。

 

ツゲの病虫害

・ツゲノメイガ
成虫は開張28㎜程度で、全体灰褐色。
前翅、後翅の周辺は暗褐色となる。
老熟幼虫は体長35㎜程度で全体黄褐色。
頭部は黒色で、胴部は黄緑色の上に
黒褐色になる斑模様を有する。
4~6月頃に発生し、新梢に糸を張って葉を食害する。
幼虫を捕殺することで防除する。

・ルビーロウムシ
雌成虫の体長は約4~5㎜程度。あずき色で厚く、球状に膨れる。
年一回の発生で、6月から7月に幼虫が現れる。
9~10月に成虫になり、受胎した雌成虫で越冬する。
あずき色のロウ質物を分泌する。
走光性があり、樹幹の枝先に群生することが多い。
糞はすす病を併発させる。
発見し次第、ブラシの様なもので削ぎ落すか、
幼虫発生時期に農薬を散布する。

 

ツゲの豆知識

刈込に耐えるため、
和風の庭で生垣や玉造りで
よく仕立てられている樹木。

盆栽にも多く用いられる。

材は黄色く、ツゲでつくられた櫛は有名。
印鑑や将棋の駒などにも使われる。

花言葉は「禁欲」、「淡泊」。

ヨーロッパでは葬式の木として、
墓地に植えられている。

コメント