ケンポナシの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ケンポナシ ( Hovenia dulcis )

ケンポナシの特徴

ケンポナシの科名・属名

クロウメモドキ科ケンポナシ属

 

ケンポナシの和名由来槵

手棒梨(てんぽなし)が転じた。
実の形を腫れぼったい手指に例え、
実の味をナシに例えたことから。

 

ケンポナシの学名由来

「Hovenia」=オランダの宣教師D.ホーベンスから。
「dulcis」= 甘い の意。

 

ケンポナシの別名

ケムノキ

 

ケンポナシの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ケンポナシの分布

本州から九州の低山や原野

 

ケンポナシの葉の特徴

葉の付き方は互生。
葉身は10~20㎝程度で広卵形。
縁は不揃いの鋸歯があり、葉先は尖る。
葉の表は濃緑色で光沢があり、
裏は濃灰緑色で葉脈上にわずかに毛がある。

 

ケンポナシの花の特徴

6~7月、緑白色の小花を集散花序状に付ける。

 

ケンポナシの実、種子の特徴

9~10月頃、球形の核果が紫褐色に熟す。
屈曲し、肥厚した花序軸は食べられる。

 

ケンポナシの樹皮、枝の特徴

樹皮は暗灰色~灰褐色で縦に裂けめが入る。
成木では短冊状に樹皮が剥がれる。

 

 

ケンポナシの育て方

ケンポナシの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ケンポナシの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ケンポナシの管理方法

日向~半日陰を好む樹種。
耐寒性があり、乾湿共に耐性がある。
大きくなるので庭には向かない。

 

ケンポナシの病虫害

・斑点病
葉に黒褐色~黒色の病斑が生じる。
病斑の裏側は紫色になる。
病葉は病気が進行すると褐変化し、
最終的には落葉する。
落葉した罹病葉は集めて焼却処分する。

 

ケンポナシの豆知識

最終的には20m以上の大きさになるため、
庭木には勧められない。

果実は食用になる。
果実には硝酸カリやブドウ糖を含み、
利尿作用がある。
乾燥させた果実は二日酔いに用いる。

材は木目が美しく、
建築材や家具材に用いられる。

古代中国では果実を食べると
水難から逃れるという言い伝えがあった。

 

コメント