シナノキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

シナノキ ( Tilia japonica )

シナノキの特徴

シナノキの科名・属名

シナノキ科シナノキ属

 

シナノキの和名由来槵

アイヌ語の「結ぶ、縛る」の意であるシナから。
諸説あり。

 

シナノキの学名由来

「Tilia」=「ptilion 翼」に由来。花序にある翼状の苞葉から。
「japonica」= 日本の の意。

 

シナノキの別名

シナッタ

 

シナノキの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

シナノキの分布

北海道~九州の山地

 

シナノキの葉の特徴

葉の付き方は互生。
葉身は4~10㎝程度で心円形。
縁は鋭い鋸歯があり、葉先は尾状に尖る。
葉の表は濃緑色。
裏は濃灰緑色で葉脈の基部に毛が密集する。

 

シナノキの花の特徴

6~7月、淡黄色の小花を円錐花序状に付ける。

 

シナノキの実、種子の特徴

9~10月頃、球果が褐色に熟す。
球果は短毛に覆われている。

 

シナノキの樹皮、枝の特徴

若木は灰白色で滑らか。
成木に近づくと縦に浅く裂け始める。

 

シナノキの育て方

シナノキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

シナノキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

シナノキの管理方法

大きくなるので基本的には庭には向かない。
土壌は選ばず、耐寒性も強い。
強剪定には耐えるが冬季が好ましい。

 

シナノキの病虫害

・特になし

 

 

シナノキの豆知識

寺院に菩提樹の代用で良く植えられている樹種。

材は木目が緻密で細工が容易なことから
建築材、器具材、合板などに用いられる。

樹皮は繊維が強いため、
縄やロープに使われる。

花は蜜源になる。

 

コメント