ホルトノキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ホルトノキ ( Elaeucarpus sylvestris var. ellipticus )

ホルトノキの特徴

ホルトノキの科名・属名

ホルトノキ科ホルトノキ属

 

ホルトノキの和名由来槵

「ポルトガルの木」の転訛。

 

ホルトノキの学名由来

「Elaeocarpus」=「elaeo オリーブ」+「karpos 実」に由来。
果実や種子が似ているため。
「sylvestris」= 森林の、森林に生える の意。
「ellipticus」=楕円形の の意。

 

ホルトノキの別名

モガシ

 

ホルトノキの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ホルトノキの分布

本州千葉県以南~九州、沖縄

 

ホルトノキの葉の特徴

葉の付き方は互生。
葉身は7~15㎝程度で倒披針形。
縁は鈍鋸歯があり、葉先は尖る。
葉の表は濃緑色、裏は淡緑色。
落葉直前に赤くなることがある。

 

ホルトノキの花の特徴

6~7月、前年枝に短い総状花序を付ける。
小花の色は白黄色。

 

ホルトノキの実、種子の特徴

9~10月頃、楕円形の球果が黒色に熟す。

 

ホルトノキの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰色~灰褐色で滑らか。

 

 

ホルトノキの育て方

ホルトノキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ホルトノキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ホルトノキの管理方法

耐潮性が強く、海岸沿いでも耐える樹種。
成長は穏やかだが大きくなるので剪定管理は必須。
耐寒性が低いので関東南部以南が適地。
前年枝に花を付けるので、
剪定は花後直ぐに行うと来年もしっかり花芽を残せる。

 

ホルトノキの病虫害

・萎黄病
罹病すると葉が黄化、小型化して落葉する。
被害が拡大すると樹幹が薄くなり、
最終的には枯死する。
病原はファイトプラズマだが、
詳しい生態は明らかになっていない。

 

 

ホルトノキの豆知識

海岸近くの植栽によく用いられる樹木。

名前の語源である「ポルトガルの木」は
本来オリーブを指したが、
平賀源内が間違えてこの樹種に
この名前を与えたとされる。

 

コメント