アオギリの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

アオギリ ( Firmiana simplex )

アオギリの特徴

アオギリの科名・属名

アオギリ科アオギリ属

 

アオギリの和名由来槵

樹皮が緑色で葉がキリに似ているため。

 

アオギリの学名由来

「Firmiana」=オーストリアのK・J・フォン・フィルミアンの名にちなむ。
「simplex」= 単一の の意。

 

アオギリの別名

ソウゴ、ヘキゴ

 

アオギリの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

アオギリの分布

沖縄、中国、台湾、インドシナ

 

アオギリの葉の特徴

葉の付き方は互生。
葉身は15~25㎝程度で3~5裂する。
縁は全縁で、葉先は鈍く尖る。
葉の表は緑色、裏は白緑色。
新葉時は葉柄と葉の両面に星状毛が見られるが、
後に葉裏のみになる。
秋に黄葉するが、すぐに褐変する。

 

アオギリの花の特徴

夏前に円錐花序を付ける。
雌雄異花で、円錐花序の中に
雄花と雌花が混生する。
花の色は淡黄色。

 

アオギリの実、種子の特徴

晩夏、莢状の果実を付ける。
熟す前に5裂し、裂片の縁に球形の種子を付ける。

 

アオギリの樹皮、枝の特徴

樹皮は緑灰色で滑らか。
老木になると灰色が優占していく。

 

 

アオギリの育て方

アオギリの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

アオギリの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

アオギリの管理方法

耐潮性があり、海岸近くでも耐える樹種。
成長が早く、大きくなるので庭木には不向き。
強剪定した剪定痕からは多量の徒長枝が吹くので
小まめな剪定管理が好ましい。

 

アオギリの病虫害

・アオギリチビガ
成虫は開張6~8㎜で全体黄褐色。
翅全体に不規則な黒色の斑点がある。
老熟幼虫は5㎜程度で全体橙黄色。
年5~6回発生で成虫は春に現れる。
葉上に産卵し、羽化した幼虫は
葉の中を穿孔加害する。
老熟すると葉の表面に現れ、葉を食害する。
被害葉は半透明になる。

 

 

アオギリの豆知識

公園や街路樹によく用いられる樹木。

中国原産で、日本には奈良時代に
渡来してきたと言われている。

シラカバ、ヒメシャラと並び、
三大美幹樹と呼ばれる。

中国では鳳凰が止まる木だと言われている。

 

コメント