ナワシログミの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ナワシログミ ( Elaeucarpus pungens )

ナワシログミの特徴

ナワシログミの科名・属名

グミ科グミ属

 

ナワシログミの和名由来槵

苗代を用意する初夏に実が熟すため。

 

ナワシログミの学名由来

「Elaeagnus」=「elaia オリーブ」+「agonos セイヨウニンジンボク」。
オリーブの実とセイヨウニンジンボクの葉に似ることが由来。
「pungens」=堅くて尖った の意。

 

ナワシログミの別名

サツキイチゴ、ウシイチゴ

 

ナワシログミの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ナワシログミの分布

本州~九州の海岸線

 

ナワシログミの葉の特徴

葉の付き方は互生。
葉身は5~8㎝程度で長楕円形。
縁は全縁で、葉上に縮んで裏に反り返る。
葉先は鋭頭または円頭。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は茶褐灰色。
葉の両面に銀色の鱗状毛が見られるが、
葉裏に顕著に発生する。
葉表は後に無毛になり、
葉裏には褐色の鱗状毛が散生する。

 

ナワシログミの花の特徴

秋に葉腋から短い柄のある
淡黄色の花が下垂する。

 

ナワシログミの実、種子の特徴

花が付いた翌年の夏、
広楕円形で橙色の果実が熟す。
実は食べられる。

 

ナワシログミの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰色~灰褐色で
太くなってくると縦にひび割れる。

 

 

ナワシログミの育て方

ナワシログミの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

ナワシログミの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ナワシログミの管理方法

耐潮性があり、海岸近くでも耐える樹種。
地際や主幹から萌芽がよく出るので、
元から抜くようにして剪定する。

 

ナワシログミの病虫害

・白紋羽病
罹病すると葉が小型化し、退色する。
晴天で萎れ、雨や曇りの日は少し回復する。
被害が進むとやがて枯死する。
子嚢菌の仲間で、根の表面に寄生し、
白色の菌糸が絡みつき膜状を形成する。
防除は難しいが、果樹用の適用薬剤があるので
用法用量に従い散布する。

 

 

ナワシログミの豆知識

公園や海岸沿いの植栽に使われる樹木。

実は食用になり、生食できる。
漢方では果実を日干しして、
下痢やのどの渇きに煎じて服用した。

オオバグミとの交配種にギルドエッジという
葉の縁が黄色い斑入りになる品種がある。

 

コメント