ミツマタの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ミツマタ ( Edgeworthia chrysantha )

ミツマタの特徴

ミツマタの科名・属名

ジンチョウゲ科ミツマタ属

 

ミツマタの和名由来槵

枝が3本に分かれることから

 

ミツマタの学名由来

「Edgeworthia」=イギリスの植物学者M・P・エドゲウォースから。
「chrysantha」=黄色い花の の意。

 

ミツマタの別名

ムスビギ、ミマタヤナギ

 

ミツマタの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

ミツマタの分布

中国原産

 

ミツマタの葉の特徴

葉の付き方は互生。
葉身は5~10㎝程度で広披針形。
縁は全縁で、葉先は尖る。
葉の表は濃緑色で、裏は灰白緑色。
両面とも毛があるが、
裏は絹毛が密生する。

 

ミツマタの花の特徴

早春に黄色い筒状花を付ける。
花弁に見える部分は萼。

 

ミツマタの実、種子の特徴

核果が6~7月頃に熟す。
毛が密生した殻の中に緑色の果実がある。

 

ミツマタの樹皮、枝の特徴

樹皮は褐色~灰褐色。

 

 

ミツマタの育て方

ミツマタの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

ミツマタの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ミツマタの管理方法

成長は遅く、育てやすい落葉低木。
耐潮性があり、海岸近くでも耐えることがある。
日向~半日陰を好む。
移植を嫌うため、植え場所に注意する。
剪定すると樹形が乱れるため、
混んできたときに透かし剪定をする程度で
とどめた方が良い。

 

ミツマタの病虫害

・特になし

 

ミツマタの豆知識

和風庭園の低木によく使われる樹種。

製紙原料として使われる。
特に高級和紙や紙幣の原料となる。

カジノキやコウゾと共に、
中国から渡来してきたとされる。
時期は不明。

品種にアカバナミツマタがある。

 

コメント