フェイジョアの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

フェイジョア ( Feijoa sellowiana )

フェイジョアの特徴

フェイジョアの科名・属名

フトモモ科フェイジョア属

 

フェイジョアの和名由来

旧学名(feijoa sellowiana)の転用。
旧属名はブラジル生まれの
ポルトガル人、フェイジョを顕彰して付けられた。

 

フェイジョアの学名由来

「Acca」=不明。
「sellowiana」=ドイツの植物学者F・セロウに因む。

 

フェイジョアの別名

アナナス、パイナップルグアバ

 

フェイジョアの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

フェイジョアの分布

ウルグアイ、パラグアイ、
ブラジル南部

 

フェイジョアの葉の特徴

葉身の長さは5~7㎝で卵状楕円形。
縁は全縁で葉先はやや尖るか円い。
葉の表は緑色で光沢があり、
裏は白い綿毛が密生するため
銀白色となる。

 

フェイジョアの花の特徴

6~7月頃に花を付ける。
花は外側が白い綿毛に覆われ、
内側は紫紅色の筋が入る。
赤い雄しべが目立つ。
花も食べることができる。

 

フェイジョアの実、種子の特徴

果実は晩夏~秋にかけて実り、
卵状楕円形で灰緑色をしている。

 

フェイジョアの樹皮、枝の特徴

幹はあまり太くならず、株立ち状になる。
樹皮は茶褐色で表皮が不規則に剥がれる。

 

 

フェイジョアの育て方

フェイジョアの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

フェイジョアの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

フェイジョアの管理方法

成長が穏やかなので育てやすい樹種。
自家不和合性のため、2品種以上植えないと
結実しない。(1品種でも結実する品種もある)
暖かい日向を好むが、
-10℃までは耐えるという報告がある。
剪定は自然樹形がきれいなので、
枝を間引くように剪定すると良い。
花や実を楽しみたい場合は、
花芽を避けて剪定する。

 

フェイジョアの病虫害

・特になし

 

フェイジョアの豆知識

洋風の庭で近年人気の樹種。

花もエディブルフラワーと言って、
食用になる。

果実は酸味があり、生食やジャムにする。

日本には昭和初期にアメリカから渡来した。

 

コメント