クマノミズキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

クマノミズキ ( Swida macrophylla)

クマノミズキの特徴

クマノミズキの科名・属名

ミズキ科ミズキ属

 

クマノミズキの和名由来

三重県の熊野で最初に発見されたため。

 

クマノミズキの学名由来

「macrophylla」=大きい葉の の意。

 

クマノミズキの別名

特になし

 

クマノミズキの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

クマノミズキの分布

本州~九州屋久島までの山地

 

クマノミズキの葉の特徴

葉身の長さは6~16㎝で卵形または楕円形。
葉縁は全縁か、低く小さい波状の鋸歯がある。
葉先は尖頭。
葉の表は緑色でやや光沢があり、
わずかに毛がある。
裏は粉白緑色で全面に毛が生える。
葉の付き方は対生。

 

クマノミズキの花の特徴

5~6月頃に散房花序を付ける。
小さな黄白色の花で、花弁は4枚。

 

クマノミズキの実、種子の特徴

果実は5㎜程度で黒色に熟す。
散房花序の柄の部分は薄紅色に変色する。

 

クマノミズキの樹皮、枝の特徴

幹は全体灰褐色で縦筋が入る。
薄く緑色がかることがある。
老木になると不規則にひび割れる。

 

 

クマノミズキの育て方

クマノミズキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

クマノミズキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

クマノミズキの管理方法

大きくなるので庭木には向かない。
水分を好むので根元が日陰で多湿な
環境を好む。
暑さには強いが、寒さには弱く、
関東より北の地域では向かない樹種。
自然形が美しいので、
剪定は枝を抜くように仕立てる。

 

クマノミズキの病虫害

・特になし

 

 

クマノミズキの豆知識

樹高が8~12mまで育つので庭木には向かない。
煙害に強く、都市部の公園などに向く樹木。

ミズキと似るが、ミズキは葉が互生で、
クマノミズキは葉が対生。
また、クマノミズキの方が花期が
一か月ほど遅い。

コメント