ヤツデの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ヤツデ ( Fatsia japonica)

ヤツデの特徴

ヤツデの科名・属名

ウコギ科ヤツデ属

 

ヤツデの和名由来

八手の意。葉が掌状で多く裂開するため。

 

ヤツデの学名由来

「Fatsia」=八に由来。
「japonica」=日本の の意。

 

ヤツデの別名

ヤツデノキ、テングノハウチワ

 

ヤツデの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ヤツデの分布

福島県以南~九州の海岸近くの森林など

 

ヤツデの葉の特徴

葉は互生、掌状で7~11裂する
葉身の長さは20~40㎝。
葉縁は鋸歯があり、裂片の先は尖頭。
葉の表は濃緑色で光沢があり、
裏は淡緑色で脈の基部に毛がある。

 

ヤツデの花の特徴

11月頃に大きな円錐花序を付ける、
花の色は白く、花弁は5枚。

 

ヤツデの実、種子の特徴

果実は球形で、花の付いた翌春に向けて
黒熟していく。

 

ヤツデの樹皮、枝の特徴

若い枝は緑色。
幹は全体灰白色で平滑。

 

 

ヤツデの育て方

ヤツデの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ヤツデの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ヤツデの管理方法

典型的な陰樹で、日陰と湿地を好む。
日差しには弱い為、
必ず半日陰~日陰に植える。
耐潮性が強く、海岸近くでも植えることができる。
寒冷地では成長が遅く、枯れこむことがある。

 

ヤツデの病虫害

・そうか病
罹病すると若葉や葉柄、茎や枝に
淡褐色の斑点が生じ、盛り上がる。
症状が進むと病斑に穴が開き、
変形や縮れが生じる。
病原菌は雨風による感染や
昆虫による媒介が原因だと考えられている。
罹病部は切除して処分する。

 

 

ヤツデの豆知識

和風の庭で陰樹や目隠しの木として
よく使われる樹木。
常緑で丈夫な葉を持つことから、
魔除けのために庭に植えられた。

園芸品種が多く、斑入りのヤツデもある。
観葉植物にも用いられる。

葉や茎にサポニンを含み、
去痰薬にされた。

 

 

コメント