レンギョウの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

レンギョウ( Forsythia suspensa )

レンギョウの特徴

レンギョウの科名・属名

モクセイ科レンギョウ属

 

レンギョウの和名由来

トモエソウの漢名「連翹」が誤用された。

 

レンギョウの学名由来

「Forsythia」=イギリスの園芸家W・A・フォーシスに因む。
「suspensa」=吊るした、懸垂の の意。

 

レンギョウの別名

イタチグサ、イタチハゼ

 

レンギョウの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

レンギョウの分布

中国原産

 

レンギョウの葉の特徴

葉は対生。
葉身は3~10㎝の卵形または広卵形。
葉先は鋭く尖り、葉縁は粗い鋸歯がある。
葉の表は緑色で裏は灰緑色。
両面とも無毛。

 

レンギョウの花の特徴

春先に鮮やかな黄色い花が付く。
夏から秋の狂い咲きもよく見られる。

 

レンギョウの実、種子の特徴

先の尖った卵形の果実が褐色に熟す。
熟すと先が開裂する。

 

レンギョウの樹皮、枝の特徴

枝や幹は茶褐色。
幹には皮目の粒が隆起する。
樹形は株立ち状になりやすい。

 

 

レンギョウの育て方

レンギョウの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

レンギョウの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

レンギョウの管理方法

病虫害に強く、育てやすい樹木。
自然樹形にする場合は
透かし剪定で枝を抜き、
風通しを良くする。
刈込にも耐えるが、冬場の剪定は
花芽を切ってしまうため注意が必要。
刈込剪定を行う場合は新芽の固まった
5月後半から梅雨時期にかけてがおススメ。

 

レンギョウの病虫害

・特になし

 

 

レンギョウの豆知識

公園や街路の緑化樹として人気の樹木。
刈込に耐えるため、生垣にも利用される。

花材としてもよく用いられる。

中国原産だが、平安初期には
渡来していた記載がある。

英名ではゴールデンベル(golden bell)
と呼ばれる。

 

コメント