イボタノキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

イボタノキ( Ligustrum obtusifolium )

イボタノキの特徴

イボタノキの科名・属名

モクセイ科イボタノキ属

 

イボタノキの和名由来

疣取(いぼとり)の略転。
この木につくカイガラムシから採れる
イボタ蝋が、疣を取るのに効があることから。

 

イボタノキの学名由来

「ligustrum」=縛るの意。
この樹木の枝で物を縛ったことから。
「obtusifolium」=鈍頭の葉を持った の意。

 

イボタノキの別名

コゴメバナ、カマハジキ

 

イボタノキの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

イボタノキの分布

日本全国の山地

 

イボタノキの葉の特徴

葉は対生。
葉身は2~7㎝の長楕円形。
葉先は円く、縁は全縁。
葉の表は緑色で裏は淡緑色。
両面とも短い毛が散生する。

 

イボタノキの花の特徴

5~6月頃に総状花序を形成し、
白色の小花を密に付ける。
花には独特の芳香がある。

 

イボタノキの実、種子の特徴

秋頃、球形の果実が黒熟する。

 

イボタノキの樹皮、枝の特徴

枝や幹は灰色~灰褐色。
樹形は株立ち状になりやすい。

 

 

イボタノキの育て方

イボタノキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

イボタノキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

イボタノキの管理方法

日向を好む樹種。
日陰だと枝が疎になりやすい。
生垣の場合は刈込剪定で樹形を整える。
枝が密になってきた場合は
透かし剪定をすると良い。
自然風にしたい場合は
枝を元から抜くようにして
自然樹形を保つ剪定を行う。

 

イボタノキの病虫害

・イボタガ
成虫は開張80~115㎜程度で
翅に波状斑紋がある。
幼虫は体長80㎜程度で背面は橙黄色。
年一回発生。土中で蛹で越冬する。
成虫は3~4月に発生する。
幼虫は5月頃に発生し、葉を食害する。
その後、土中に降りて蛹になる。
幼虫を捕殺して防除する。
イボタノキ以外にもキンモクセイや
ネズミモチなども加害する。

 

イボタノキの豆知識

刈込に耐えるため、
生垣としてよく用いられる樹木。

材は緻密で堅く、印材や杖、
楊枝などに使われる。

イボタロウカイガラムシが付き、
分泌された蝋をイボタ蝋として採取する。
イボタ蝋は戸の潤滑剤や家具の艶出し、
刀の錆止めなどに用いられた。

会津地方ではイボタロウカイガラムシを
飼育していた。

 

コメント