クサギの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

クサギ( Clerodendrum tricotomum)

クサギの特徴

クサギの科名・属名

クマツヅラ科クサギ属

 

クサギの和名由来

葉に臭気があることから。

 

クサギの学名由来

「Clerodendrum 」=「cleros 運命」+「dendron 樹木」。
セイロン島で2種が注目され、
それぞれ「幸運の木」、「不運の木」と呼ばれたため。
「trichotomum」=3分岐の の意。

 

クサギの別名

クサギリ、クサギナ

 

クサギのその他分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

クサギの分布

北海道~沖縄の山野

 

クサギの葉の特徴

葉は5~12㎝の広卵形。
葉の付き方は対生で、
片方の葉が大きくなる。
縁は全縁、、または僅かに鋸歯があり、
葉先は鋭く尖る。
葉の表は濃緑色で、裏は緑色で
両面ともに脈上に毛がある。

 

クサギの花の特徴

夏頃、枝先に集散花序を付ける。
花色は白色~淡紫色の筒状花。

 

クサギの実、種子の特徴

球形で青紫色~瑠璃色の果実が付く。
萼は鮮やかな紅色。

 

クサギの樹皮、枝の特徴

枝や幹は灰褐色で、
隆起した皮目が目立つ。

 

 

クサギの育て方

クサギの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

クサギの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

クサギの管理方法

日向を好むが、日陰でも育つ。
枝が混んできたら元から抜き、
自然樹形を保つように剪定する。
移植や剪定の適期は
落葉してから3月ぐらいまでの間。

 

クサギの病虫害

・シモフリスズメ
成虫は開張11~13㎜程度で
前翅は灰色で黒い波状紋があり、
後翅は黒色。
幼虫の体長は80㎜程度で淡黄色。
斜めの白色帯が7本模様として現れる。
年2回発生で、幼虫は6~8月に発生する。
幼虫は葉を加害する。
確認し次第、捕殺して防除する。

 

 

クサギの豆知識

雑木の庭や和風の庭に合う樹木。
公園の緑化樹としても用いられる。

果実は「常山の実」と呼ばれ、
青緑色の染料に用いられた。

若葉は茹でて食用にする。

茎葉の煎液はリュウマチや高血圧に、
根皮の煎液は利尿に用いる。

 

コメント