ハコネウツギの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ハコネウツギ( Weigela coraeensis)

ハコネウツギの特徴

ハコネウツギの科名・属名

スイカズラ科タニウツギ属

 

ハコネウツギの和名由来

箱根のウツギの意。
しかし、箱根には自生していない。

 

ハコネウツギの学名由来

「weigela 」=ドイツ人の科学者ウェイゲルに因む。
「coraeensis」=朝鮮の の意。

 

ハコネウツギの別名

ベンケイウノハナ、ヤマウツギ

 

ハコネウツギのその他分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ハコネウツギの分布

本州中部太平洋側の海岸付近

 

ハコネウツギの葉の特徴

葉は8~15㎝の楕円形または長楕円形。
葉の付き方は対生。
縁は細かい鋸歯があり、
葉先は尾状に長く尖る。
葉の表は緑色で光沢がある。
裏は灰緑色で脈上に毛がある。

 

ハコネウツギの花の特徴

枝先に筒状花が密生する。
花色は初めは白く、
後に紅色に染まる。

 

ハコネウツギの実、種子の特徴

長楕円形の長細い果実が付く。
冬に褐色に熟す。

 

ハコネウツギの樹皮、枝の特徴

幹は明るい灰色~灰褐色で平滑。
太くなると不規則にひび割れる。
当年枝は赤みを帯びる。

 

 

ハコネウツギの育て方

ハコネウツギの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ハコネウツギの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ハコネウツギの管理方法

耐潮性があり、海岸近くでも耐える。
自然樹形がきれいなので
混んだ枝を抜くように剪定する。
剪定適期は冬だが、
幅が大きくなる樹木なので
細かい枝は花後に剪定管理する。

 

ハコネウツギの病虫害

・灰斑病
罹病すると葉に褐色の小角斑ができ、
後に10㎜位の灰色~灰白色の斑紋になる。
7月頃に症状が出ることが多い。
病斑の表面には微小の黒点を形成する。
病原の生態は詳しく解明されていないが、
病葉は見つけ次第切除、処分し、
落葉も同様に処分することで防除する。

 

 

ハコネウツギの豆知識

花色がきれいな為、
庭木によく使われる樹木。

葉は牛馬の飼料になる。

材は釘や楊枝に用いられる。
昆虫標本の台にも使われる。

 

コメント