ウグイスカグラの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ウグイスカグラ( Lonicera gracilipes)

ウグイスカグラの特徴

ウグイスカグラの科名・属名

スイカズラ科スイカズラ属

 

ウグイスカグラの和名由来

鶯隠れの転。諸説あり。

 

ウグイスカグラの学名由来

「Lonicera 」=ドイツの数学者Lonitzerから。
「gracilipes」=ドイツの採集家A・ロニツァーに因む。

 

ウグイスカグラの別名

ウグイスノキ、ウグイスガクレ

 

ウグイスカグラのその他分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ウグイスカグラの分布

北海道南部~九州の山野

 

ウグイスカグラの葉の特徴

葉の長さは3~5㎝の長楕円形。
葉の付き方は対生。
縁は全縁で、葉先は尖る。
葉の表は緑色で裏は淡緑色。

 

ウグイスカグラの花の特徴

枝先に下垂した花が付く。
筒状花で花色はピンク色。

 

ウグイスカグラの実、種子の特徴

楕円形の果実が赤く熟す。
実は食べられる。

 

ウグイスカグラの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰白色~灰褐色で
薄く剥けることがある。

 

 

ウグイスカグラの育て方

ウグイスカグラの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ウグイスカグラの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ウグイスカグラの管理方法

成長が穏やかで育てやすい樹種。
自然形がきれいなので、
枝が混んできたら透かすようにする。

 

ウグイスカグラの病虫害

・黄褐斑病
発病すると葉に褐色~暗褐色の斑点がでる。
後に病斑は拡大し、病斑の表面に
微小な黒点を形成する。
罹病葉は黄化し落葉する。
病葉や落葉は集めて処分する。

 

ウグイスカグラの豆知識

花色がきれいな為、
庭木によく使われる樹木。

近縁種に実や花に毛が多い
ミヤマウグイスカグラがある。

 

コメント