アベリアの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

アベリア( Abelia × grandiflora)

アベリアの特徴

アベリアの科名・属名

スイカズラ科アベリア属

 

アベリアの和名由来

学名の転用。

 

アベリアの学名由来

「Abelia 」=イギリスの医師C・エイブルに因む。
「grandiflora」=大きな花の意。

 

アベリアの別名

ハナゾノツクバネウツギ

 

アベリアのその他分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

アベリアの分布

園芸品種

 

アベリアの葉の特徴

葉の長さは2~4㎝の卵状被針形。
葉の付き方は対生または3輪生。
縁は鈍鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表は濃緑色で裏は淡緑色。
寒冷地では落葉することがある。

 

アベリアの花の特徴

枝先に密集した花が付く。
筒状花で花色は白色~淡紅色。
園芸品種によって濃さが変わる。

 

アベリアの実、種子の特徴

確認されていない。

 

アベリアの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰白色~灰褐色で
縦に筋が入る。

 

 

アベリアの育て方

アベリアの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

アベリアの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

アベリアの管理方法

排気ガスに強く、また耐潮性もあるため、
街路や海岸近くでも耐える。
耐寒性も強く、場所を選ばず植えられる。
成長は旺盛なので定期的な剪定が必要。
自然形にする場合は
枝が混んできたら透かすようにする。
刈込剪定にも耐える。
剪定適期は冬季。

 

アベリアの病虫害

・斑点病
夏以降に発病が見られる病気。
罹病すると5㎜前後の褐色の
不定形斑点が形成される。
後に病斑の表面にはすす状のカビが発生し、
葉は黄変して早期落葉する。
病原菌は病葉や落葉で越冬する。
罹病葉は見つけ次第切除、処分し、
落葉も集めて処分すると良い。

 

アベリアの豆知識

花期が長く、刈込剪定にも耐えるため
庭木によく使われる樹木。

園芸品種が多く、
葉に斑が入るものもある。

 

コメント