樹木医ってどんな資格?

雑記

今日は私の持っている資格、
樹木医について少し説明したいと思います。

 

樹木医とは漢字のとおり
樹木のお医者さんです。

天然記念樹や街路樹、公園の樹木、
お寺やお庭にある樹木の
保全管理、樹勢調査(樹木の健康状態の調査)をする資格です。

 

どうやったらこの資格を取得できるかというと、
実務経験(植物に携わる仕事経験)が7年、
もしくは専門の学術機関で
必修単位を取得して樹木医補の資格を取り、
実務経験1年を積む必要があります。

ちなみに私は後者になります。

 

資格試験は一次が記述、筆記試験で、
二次試験は実務試験になります。

 

一次試験の合格ラインは
点数ではなく上位120人です。

つまり、受験年によって
レベルがある程度前後します。

 

特殊なところは二次試験で、
筑波の実習所で二週間缶詰になります。

この二週間の間は
毎日試験と実習を繰り返します。

同期は皆、
「こんなに勉強したことはない」と話してました。笑

 

ちなみに今日本では2562人が登録されています。
(平成29年12月現在)

マイナーな資格だというのが
よくわかる数字ですね(・・;)

受験資格をとるのが大変だということが
大きな要因ではあると思いますが・・・

 

 

前回に続き自己紹介のようになってしまいましたが、
また樹木医の活動等もアップしていければと思います。

少しでも興味を持っていただけると嬉しいです。

 

次回からはもう少しブログらしいことを
書いていきたいと思います。

と言っても何がブログらしいのか
よく分かっていない部分も多々あるのですが・・・

楽しんでいただければ幸いです♪

コメント