アオキの特徴と育て方

植物図鑑

アオキ(Aucuba japonica)

〇科名:ミズキ科

〇和名由来:四季を通じて青いため。

〇学名由来:属名は別称アオキバのラテン語

〇別名:アオキバ、ミソブタ

〇広葉樹・常緑樹・雌雄異株

〇分布:日本全国の山地

 

〇葉の特徴
葉は濃緑色で淵に荒い鋸歯があり、
葉先は鋭く尖る。表面は革質で光沢がある。
斑入りの品種が多い。

〇花の特徴
雌雄異株で、春に緑色、
または紫褐色の花をつける。
4枚花弁で目立たない。

〇実、種子の特徴
冬に楕円形の赤い実をつける。

〇幹の特徴
青軸。幹でも光合成を行う。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

〇暦

101112
開花時期
結実時期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
剪定は4~5月に混んだ枝を透くように行う。
また、大きくなってきたら古枝を抜くようにして自然形を保つ。

〇病虫害
・アオキコナジラミ
5月ごろに羽化し、7月中~下旬、9月の計3回発生する。
新芽に寄生し、すす病を誘発する。
透かし剪定を行い、通気性を保つことが防除に繋がる。

 

〇利用、豆知識
和風、洋風、雑木風などほとんどの庭に合う植物。

炙った葉を火傷や切り傷の患部に貼り薬とする。

1780年にイギリスに渡ったが、
雌木しか渡らなかったため海外では実がならないとされた。
1861年にイギリスに雄木が渡った。

コメント