ドウダンツツジの特徴と育て方

植物図鑑

ドウダンツツジ( Enkianthus perulatus)

〇科名:ツツジ科

〇和名由来:結灯台の足に似ていることから、灯台が転じてドウダンになった。

〇学名由来:「Enkianthus」=膨らんだ花の意。
「perulatus」=鱗片のある の意。

〇別名:ドウダン

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:伊豆半島以西の山地(沖縄、離島以外)

 

〇葉の特徴
楕円形または卵形。葉は対生。
2~4㎝のひし形または倒卵形。
葉先は急に尖り、腺状突起がある。
細かい鋸歯がある。

〇花の特徴
春にスズランに似た壺形の垂れ下がった花を無数につける。

〇実、種子の特徴
夏に約8㎜位のラグビーボール状の実をつける。

〇幹、枝の特徴
若い時は紅褐色。樹齢がを重ねると灰色になっていく。
不規則に樹皮が剥がれる。

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
剪定は花後、直ぐに行うようにする。
7月には翌年の花芽分化を始めるため、
梅雨以降の剪定は控えるようにする。
花後にお礼肥をあげると
その年の紅葉の色や、翌年の花数が良くなる。
浅根性のため、水を切らさないようにすると良い。

〇病虫害

・ゴマフボクトウ
成虫は全体が灰白色で黒い斑紋がある。
幼虫は大きくて3~5㎝程度。
幼虫は根本付近の幹に穿孔食入する。
食入されると幹に穴が開き、
3~4㎜程度の球状の黄淡色の糞が堆積する。
食害を見つけたら穿孔痕に挿入するノズル付きの
殺虫スプレーなどで幼虫を駆除する。

 

〇利用、豆知識
花がきれいなため和風の庭園樹としてよく使用される。
雑木の庭にもよく合う。

近縁種に赤い花が咲くベニドウダンやサラサドウダンがある。

漢名では「満天星」と書く。

コメント